ライフ

シニアに急増する「脊柱管狭窄症」、今や400万人が発症 どんな病気なのか

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは?

 シニア世代に急増中の脊柱管狭窄症は、放置していると寝たきり生活をも引き起こす。「しばらく安静にしておけば、いつか治るはず」といった甘い考えはすぐ捨て去ろう。回復に向け、素早く正しいアクションを起こすのが最善の道なのだ。脊柱管狭窄症とはどんな病気なのか、そのメカニズムをおさらいする。

神経圧迫によるしびれや痛みあり

 脊柱管狭窄症はここ10年で発症者数が着実に増えており、今や400万人近く。まだ医師の診断を受けていない人も含めた推定発症者数は、すでに500万人超とも言われている。昔から存在する病気にもかかわらず、近年メジャーに躍り出てしまった理由は2つ。

 2011年に診療のガイドラインが定められて以来、それまで「加齢による腰痛」などと曖昧に診断されてきた症状も、実際には脊柱管狭窄症であるかどうかを全国の医師が判断しやすくなったこと。もうひとつは、加齢にともなう骨の変型などで起きやすい病気のため、高齢者人口の増加に比例したことだ。

 脊柱管は、背骨の後ろ側に位置している管状の空間。脳からの指令を手足に伝える神経や、逆に手足から得られた知覚情報を脳へと伝える神経が収まっている。神経の周囲は骨と脳脊髄液によって守られているのが正常な状態だが、背骨が変型したり、脊柱管近くを通る靱帯が厚くなったりすると、途端に脊柱管が狭くなっていく。その結果、内部の神経が圧迫され、痛みやしびれを引き起こす。

 脊柱管狭窄症は神経障害であると同時に、神経圧迫による血流障害でもある。体の奥底で起こる事象に直接手は出せないが、症状によってはセルフケアで大いに改善の余地があることを知っておこう。

特徴的な症状

 主な症状は、しびれと痛み。どの神経が圧迫されているかによって、症状が出る場所は尻から足裏まで様々だ。「少し休めば消えるから」と安心しているなら、それこそが脊柱管狭窄症の典型的な症状でもあるので要注意。

・脚と尻のしびれ:しびれの自覚症状は、痛みよりケアがつい遅れがち。「いつから」「どこに」を意識して把握を。

・脱力:足の指に力が入らず思い通りに動かせなくなる。歩きにくいなら、神経圧迫による脱力を疑おう。

・腰痛:腰痛を引き起こす別の病気から脊柱管狭窄症へと移行、または並行して患っている可能性も。

・脚と尻の痛み片方の半身だけに痛みが生じる場合、尻、太ももの外側、すねにかけて症状が出ることが多い。

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン