ライフ

シニアに急増する「脊柱管狭窄症」、今や400万人が発症 どんな病気なのか

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは?

 シニア世代に急増中の脊柱管狭窄症は、放置していると寝たきり生活をも引き起こす。「しばらく安静にしておけば、いつか治るはず」といった甘い考えはすぐ捨て去ろう。回復に向け、素早く正しいアクションを起こすのが最善の道なのだ。脊柱管狭窄症とはどんな病気なのか、そのメカニズムをおさらいする。

神経圧迫によるしびれや痛みあり

 脊柱管狭窄症はここ10年で発症者数が着実に増えており、今や400万人近く。まだ医師の診断を受けていない人も含めた推定発症者数は、すでに500万人超とも言われている。昔から存在する病気にもかかわらず、近年メジャーに躍り出てしまった理由は2つ。

 2011年に診療のガイドラインが定められて以来、それまで「加齢による腰痛」などと曖昧に診断されてきた症状も、実際には脊柱管狭窄症であるかどうかを全国の医師が判断しやすくなったこと。もうひとつは、加齢にともなう骨の変型などで起きやすい病気のため、高齢者人口の増加に比例したことだ。

 脊柱管は、背骨の後ろ側に位置している管状の空間。脳からの指令を手足に伝える神経や、逆に手足から得られた知覚情報を脳へと伝える神経が収まっている。神経の周囲は骨と脳脊髄液によって守られているのが正常な状態だが、背骨が変型したり、脊柱管近くを通る靱帯が厚くなったりすると、途端に脊柱管が狭くなっていく。その結果、内部の神経が圧迫され、痛みやしびれを引き起こす。

 脊柱管狭窄症は神経障害であると同時に、神経圧迫による血流障害でもある。体の奥底で起こる事象に直接手は出せないが、症状によってはセルフケアで大いに改善の余地があることを知っておこう。

特徴的な症状

 主な症状は、しびれと痛み。どの神経が圧迫されているかによって、症状が出る場所は尻から足裏まで様々だ。「少し休めば消えるから」と安心しているなら、それこそが脊柱管狭窄症の典型的な症状でもあるので要注意。

・脚と尻のしびれ:しびれの自覚症状は、痛みよりケアがつい遅れがち。「いつから」「どこに」を意識して把握を。

・脱力:足の指に力が入らず思い通りに動かせなくなる。歩きにくいなら、神経圧迫による脱力を疑おう。

・腰痛:腰痛を引き起こす別の病気から脊柱管狭窄症へと移行、または並行して患っている可能性も。

・脚と尻の痛み片方の半身だけに痛みが生じる場合、尻、太ももの外側、すねにかけて症状が出ることが多い。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト