芸能

コロナ禍で亡くなった神田川俊郎さん 家族で食べた「すしざんまい」

神田川俊郎さんが食べた『活あじの刺身』

神田川さんが食べた『活あじの刺身』(撮影/鈴木江実子)

 稀代の名料理人が“最後の晩餐”として選んだのはどんな食べ物のだったのか? 料理人の神田川俊郎さん(享年81)は、大阪・北新地の新日本料理店『神田川』店主として腕を振るうかたわら、テレビ番組『料理の鉄人』では華麗な腕前と気さくな人柄で注目を集めた。2021年4月、自宅の浴室で転倒した際の検査で新型コロナウイルス陽性が判明し、1週間後に容態が急変し永眠した。(※文中は敬称略)

家族と食べる好物に満面の笑みで舌鼓

 おいしいものをしっかり食べないと、人間は幸せな気持ちになれない──神田川は日頃、家族や店の従業員にそう言い聞かせていたという。2021年4月4日夕刻、神田川は娘の大竹可江さんとともに、大阪でイベントの仕事を終えた。

「折角なので、弟家族も呼んで食事に行くことにしました。父はお寿司が大好きなので、弟の子供たちも連れて行くならと、北新地の『すしざんまい』を選びました」(可江さん)

 神田川のその日のお気に入りは、活あじの刺身。にこやかに「お前たちも食べてみ?」とすすめ、「ほんまや、おいしい」と皆で笑い合った。それから追加で何皿も頼んだという。

 4月16日、自宅の浴室で足を滑らせて転倒し、搬送された病院で新型コロナウイルスに感染していることが判明。入院中、可江さんとの電話では元気な様子だったが、退院予定日の直前に容態が急変し、そのまま帰らぬ人となった。

「感染対策で面会できなかったので、あじの刺身を食べたときの笑顔が記憶に焼き付いています。普段は別々に生活している3世代がたまたま集まったあの日、一緒に食事ができて本当によかったです」(可江さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン