芸能

コロナ禍で亡くなった神田川俊郎さん 家族で食べた「すしざんまい」

神田川俊郎さんが食べた『活あじの刺身』

神田川さんが食べた『活あじの刺身』(撮影/鈴木江実子)

 稀代の名料理人が“最後の晩餐”として選んだのはどんな食べ物のだったのか? 料理人の神田川俊郎さん(享年81)は、大阪・北新地の新日本料理店『神田川』店主として腕を振るうかたわら、テレビ番組『料理の鉄人』では華麗な腕前と気さくな人柄で注目を集めた。2021年4月、自宅の浴室で転倒した際の検査で新型コロナウイルス陽性が判明し、1週間後に容態が急変し永眠した。(※文中は敬称略)

家族と食べる好物に満面の笑みで舌鼓

 おいしいものをしっかり食べないと、人間は幸せな気持ちになれない──神田川は日頃、家族や店の従業員にそう言い聞かせていたという。2021年4月4日夕刻、神田川は娘の大竹可江さんとともに、大阪でイベントの仕事を終えた。

「折角なので、弟家族も呼んで食事に行くことにしました。父はお寿司が大好きなので、弟の子供たちも連れて行くならと、北新地の『すしざんまい』を選びました」(可江さん)

 神田川のその日のお気に入りは、活あじの刺身。にこやかに「お前たちも食べてみ?」とすすめ、「ほんまや、おいしい」と皆で笑い合った。それから追加で何皿も頼んだという。

 4月16日、自宅の浴室で足を滑らせて転倒し、搬送された病院で新型コロナウイルスに感染していることが判明。入院中、可江さんとの電話では元気な様子だったが、退院予定日の直前に容態が急変し、そのまま帰らぬ人となった。

「感染対策で面会できなかったので、あじの刺身を食べたときの笑顔が記憶に焼き付いています。普段は別々に生活している3世代がたまたま集まったあの日、一緒に食事ができて本当によかったです」(可江さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン