芸能

Koki,ネットの批判吹き飛ばす 主演映画に共演者が「オーラが変わる」と大絶賛

初主演映画が公開のKoki

初主演映画が公開のKoki,

 モデルのKoki,(18才)が、女優デビューを果たす初主演映画『牛首村』が、いよいよ2月18日に公開される。

『仮面ライダーゼロワン』(2019年)の主演俳優の高橋文哉(20才)、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(2019年)に出演した萩原利久(22才)といった、今をときめくイケメン俳優と共演。メガホンを取るのは『呪怨』シリーズをヒットさせたホラー映画の第一人者で、かつ実写版『魔女の宅急便』(2014年)では小芝風花(24才)も飛躍させた、清水祟監督(49才)という話題作だ。

 1月5日には、都内で完成報告会見が行われ、早速、監督や共演者から1人2役(姉妹)という難しい役を演じたKoki,への称賛が相次いだ。

「Koki,さんの役は、普通は一生出くわさないような役なのに、まじめさとストイックさが見えて、見事に演じてくれました。監督としてもKoki,という得体の知れない逸材を与えられたチャンスは、挑戦であり財産になった。映画をご覧いただければ驚くと思う」(清水監督)

「順撮りではなくて、その日のうちに奏音(姉)と詩音(妹)の両方を切り替えないといけないのに、本当に変わるんですよ。すごいと思いました」(萩原)

「僕は、奏音と詩音との3人のシーンが結構あったんです。奏音の衣装のままの詩音、あるいは詩音の衣装のままの奏音とリハーサルをするときでも、まとうオーラが変わっていた。僕が演じる将太の心情までもを変える力が、Koki,ちゃんの奏音と詩音の両方にあって、そこに救われながら演じられました」(高橋)

 絶賛の嵐に、3人に挟まれた形で立っていたKoki,は照れまくり、「皆さんとチームワークで作ったものが、1つの映画になったことに感動しました。いろんな場面を思い出して、うるうるしてしまいました」と感慨深げに振り返った。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト