2019年竜王戦第4局の控室にて、談笑するふたり

2019年竜王戦第4局の控室にて、談笑するふたり

よい景色を見せてあげたい

 藤井に王将リーグで勝ったことでモチベーションが復活した永瀬はすぐに結果を出した。昨年12月に棋王戦五番勝負の挑戦権を獲得したのだ。2月から渡辺棋王と対峙する。自信について聞くと「トリプルスコアなんですよね」と苦笑した。対戦成績は永瀬が5勝、渡辺が16勝と差がついている。非公式のレーティング(※)ではさほど差がないのだから、負けすぎという見方もある。

[※非公式のレーティング/将棋棋士の棋力(強さ)を表わす指標の一つで、棋力を客観的に測るために数値化したもの]

「番勝負の経験の差と、ここ一番の勝負強さが違います。名人はタイガー・ウッズみたいな方だと思っているので」

 具体的には「相手の将棋の弱点を見抜く力に長けています」。厳しい戦いになりそうだが、永瀬は微笑みながら言う。

「トップ棋士の中では自分がいちばん弱点があるんですよ。逆転負けも多いですし。多分、そこを突いてくるでしょうから、楽しみですね。明確になった弱点を埋められればもっと上に行けるので」

 永瀬の近い目標は棋王戦だが、遠くない未来に藤井とタイトル戦で相まみえることになるだろう。その時、藤井はタイトルをいくつ持っているのか。将棋界は4強が崩れたと見る向きもあるが、永瀬はどう思っているのか。

「藤井さんが飛び抜けているのは事実ですが、トップ棋士に負けることもあります。今後、タイトル数を増やしていく過程で防衛戦もすべて勝てるか。藤井さんのタイトル戦の高勝率はもちろん知っていますが、トップ相手に4連続の防衛戦を持ちこたえるのはさすがに大変でしょう。全部勝てば文句なく一強でしょうね。年末に四冠を維持、もしくは五冠になっていたらすごい。自分が将棋を覚えてから五冠王を見たことがないので」

 将棋界最後の五冠は羽生善治九段で、2000年のことだった。さすがの永瀬も、現状は藤井一強とは見ていない。

「藤井さんが昨年の棋聖就位式で『強くなることで、盤上で今まで見えていなかった新しい景色を見たい』という趣旨のお話をされていました。だから自分がもっと強くなれば藤井さんによい景色を見せてあげられると思う。何とかお供できるように実力をつけたいです。自分は対藤井戦を一番経験しているので、恩返しがしたい」

 取材の最後に、永瀬は「藤井さんの存在があって幸せです」としみじみ語った。

「自分もタイトルを獲得するところまで来ましたが、さらに上の目標があるって嬉しくないですか。先を行く人がいるから追いつこうと頑張れる。でも目の前に誰もいないのに、藤井さんはどんどん前進しているんですよね」

 永瀬はそう言って、遠くを見るような眼をした。29歳の永瀬と19歳の藤井の関係は、「強敵」と書いて「とも」と読ませる少年漫画のようだった。2人の戦いは始まったばかり。着点は誰も想像できない場所にある。

(了。前編を読む)

【プロフィール】
大川慎太郎/将棋観戦記者。1976年生まれ。出版社勤務を経てフリーに。2006年より将棋界で観戦記者として活躍する。著書に『証言 羽生世代』(講談社現代新書)などがある。

※週刊ポスト2022年1月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン