国内

ポスト岸田浮上の林芳正氏 衆院への鞍替えを安倍氏に妨害された過去

ポスト岸田の有力候補に急浮上の林芳正・外相(時事通信フォト)

ポスト岸田の有力候補に急浮上の林芳正・外相(時事通信フォト)

 突如としてポスト岸田の最有力候補に浮上したこの男。4代続く世襲政治家でありながら、これまでスポットが当たらなかったのは、因縁深き家系のライバルが最高権力者として君臨してきたから。まるで源頼朝と平清盛─―林芳正・外相が、“令和の闇将軍”安倍晋三・元首相を追い落とす日は来るか。

 政界では早くから「宏池会のプリンス」と見られていたが、政治キャリアに比べて総裁候補としては“遅咲き”だった林氏。同じ下関市を地盤とするライバルの安倍氏という大きな壁が立ち塞がっていたからだ。林家4代目の芳正氏は政界進出で安倍氏に一歩出遅れた。

 安倍氏は父・晋太郎氏の急死で1993年総選挙に出馬、「弔い合戦」で父のライバルの林義郎氏(2位当選)を上回るトップ当選を果たす。だが、次の1996年総選挙区から小選挙区制が導入され、下関市は定数1の山口4区となった。林家と安倍家の選挙区の奪い合いだ。中尾友昭・前下関市長がその経緯を振り返る。

「どっちが選挙区から出るかという話になったとき、義郎さんは自分が比例に回って、若い晋三さんに譲ったんですよ。そして息子の芳正さんを参院に立てた。育ちでしょうかね。ガツガツしたところがまったくない」

 地元では、「林家と安倍家の間には、いずれ芳正さんに選挙区を譲るという約束が交わされていた」(市議)との見方も根強くある。

 林氏は安倍氏から2年遅れて1995年参院選で山口選挙区で当選する。この差が総理総裁への道を大きく遅らせることになる。7歳年上の安倍氏が自民党幹事長、首相へとトントン拍子で出世するのを尻目に、林氏は父・義郎氏の死後も衆院への鞍替えができずに、参院議員を5期重ねた。

 安倍氏が山口4区にどっかり座り、選挙区が空かなかったからだ。「衆院への鞍替え」は林家の悲願でもあった。そこで林氏は自民党が野党時代の2012年総裁選で思いきった勝負に出る。一度退陣した安倍氏が再登板を目指して出馬したのに対抗して、参院議員のまま総裁選に出馬したのだ。

 結果は予想を覆して安倍氏が総裁に返り咲き、林氏は最下位。この年12月の総選挙で林氏は大きな決断を迫られる。衆院「東京1区」への鞍替え問題だ。

「林さんは総裁候補に名乗りをあげることで衆院への鞍替えを有利にしたかった。だが、ライバルの安倍さんの復権で山口での鞍替えは難しくなった。そこで周囲から与謝野馨氏の引退で空白となっていた東京1区での出馬を勧める声があがった。東京1区で勝てば押しも押されもしない総裁候補になれると。しかし、林さんは山口にこだわった。あれで総理への道が10年遅れた」(岸田派ベテラン)

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン