スポーツ

体重17キロ増の巨人・中田翔 「腰痛トラブル再来」を心配する声

中田翔がトレーニングを開始

中田翔がトレーニングによって17キロ増

 今季を背水の陣で迎える巨人・中田翔(32)が体重を17キロも増やしたことに、取材する記者からは賛否両論が巻き起こっている。沖縄・石垣島で行なっている自主トレでは、昨年より一回り大きくなった体でトレーニングの様子を披露した。昨オフからウエートトレーニングで自身を徹底的に追い込み、体重は92キロから109キロと一気に増えた。
 
 スポーツ紙記者は中田の肉体の変化に「今季への強い決意」を感じるという。

「昨季は腰痛を抱えて中田の持ち味である力強さが影を潜めていた。繊細な性格なので周囲の声も聞こえて野球に集中しきれない部分もあったと思います。体も細くなった感じがしてスイングに力が感じられなかった。ウエートトレーニングでは内転筋やハムストリングスなど下半身を意識して鍛えたと聞いています。肉体改造した体で引退危機から救ってくれた巨人、とくに原辰徳監督に恩返ししたい思いは強いでしょう」

 昨季は野球人生の岐路に立たされたシーズンだった。2020年に打点王を獲得し、日本ハムで引き続き「不動の4番」として期待されながら、打撃不振や故障によりファーム降格を経験。後半戦での巻き返しを誓ったが、8月11日にチームメートへの暴力事件で無期限の出場停止処分を受けた。しかし、急転直下で9日後の同月20日に巨人に電撃トレード。批判の声が殺到する中で即1軍で起用されたが、移籍後は出場34試合で打率.154、3本塁打、7打点と低調なパフォーマンスで一塁のスタメン確保もままならなかった。クライマックスステージでも代打で2試合しか出場機会を得られなかった。

 信頼回復に向けての「肉体改造」だが、別のスポーツ紙のデスクはこの取り組みに懐疑的な見方を示す。

「中田は野球センスの塊です。高校時代のケガがなければ投手としてプロで活躍できる可能性があったほどで、体は大きいが身のこなしが素早い。一塁の守備もグラブさばきは球界屈指です。打撃も上半身の力ではなく、下半身の粘りでスタンドに運ぶタイプです。ウエートトレーニングをしすぎることで長所であるしなやかさが失われるのが心配です。体脂肪が少なければ良いという問題ではない。体重が増えることで膝、腰には負担が当然かかるから、また去年のようなことにならないか心配です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト