芸能

松本潤が訪れた離島に問い合わせ殺到 「ないものはない」を楽しめる場所

ホテルは全室オーシャンフロント

ホテルは全室オーシャンフロント

 島根県松江市の七類港から、フェリーで約2時間北上すると隠岐諸島が近づく。そのうちの1つ、人口2300人あまりの中ノ島・海士町がいま、かつてないほど盛り上がっている。

「問い合わせが、いままでに経験したことがないほどの数になっています。やっぱりスターの効果はすごい!」(島の観光関係者)

 そのスターの名は松本潤(38才)。1月15日、『第31回JNN企画大賞「未来をつくる島ホテル」』(TBS系)で、松本が昨年10月、この離島を訪れた様子が放送されると、彼のファンだけでなく、島に魅了された視聴者から宿泊施設などに問い合わせが殺到しているという。実は松本にとって2度目の訪問だった。

「2010年に行われた嵐の5人が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト『ニッポンの嵐』で、松本さんが興味を持ったのが離島でした。そもそも日本は世界から見たら離島。その離島暮らしであることを、日本の離島を訪れることで実感したいという彼らしい視点に基づく選択で、そのときに訪れたのがこの島でした」(テレビ局関係者)

 中ノ島・海士町は、鎌倉時代に「承久の乱」で島流しにあった後鳥羽上皇の流刑地として知られる。隠岐諸島全体は本土とは違う独自の生態系があり、2013年にユネスコの「世界ジオパーク」に認定された。一方で、移住者を積極的に受け入れ、いまでは人口の6人に1人が移住者である。

 その島に昨夏、島で唯一のホテル『Ento』がオープンした。部屋は全面ガラス張りで、松本が「絵のような絶景」と言うとおり、目の前には青く澄んだ海やジオパークの大自然が広がる。豊かな食材にも恵まれ、岩がきや隠岐牛といった地元の逸品が楽しめる。松本はそのホテルを楽しみに来ただけではない。2010年当時は町の観光協会の職員で、いまは『Ento』の代表である青山敦士さん(38才)に再会するためでもあった。

「松本さんは2010年のロケで、島を案内してくれた同い年の青山さんと意気投合しました。それからというもの、島や青山さんのことを気に掛けていたのでしょう。松本さんは青山さんと会ったとき、“会えてよかった”と満面の笑みでした」(前出・テレビ局関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト