スポーツ

大相撲「違法賭博疑惑」関与した力士は2人だけか 協会に問うた

英乃海らから始まった疑惑はどこまで広がるのか(写真/時事通信社)

英乃海らから始まった疑惑はどこまで広がるのか(写真/時事通信社)

 大相撲初場所は横綱・照ノ富士、関脇・御嶽海らによる優勝争いが最終盤までもつれる白熱の展開となっている。その一方で、場所後には昨年末に明らかになった「違法賭博」疑惑について、関与した力士の処分が発表される見通しだ。すでに名前が挙がっている力士以外の関与はないのか。日本相撲協会はどのような調査をしたうえで、処分を決めるつもりなのか。

 相撲協会が、木瀬部屋所属の英乃海と紫雷に違法賭博の疑いがあるとして、初場所を休場させると発表したのは、番付発表を2日後に控えた昨年12月22日のことだった。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「師匠の木瀬親方(元前頭・肥後ノ海)から違法賭博への関与の疑いがあるため、休場させると連絡があったが、詳細は調査中」としたうえで、「この2人だけの調査なのか、それにまだ含まれている者がいるのか。2人だけに限るのかもまだ分からない」と話した。

 違法賭博に関与した力士が他にもいる可能性を否定しなかったわけである。相撲担当記者が言う。

「英乃海と紫雷はともに埼玉栄高から日大を経て木瀬部屋に入門している力士です。埼玉栄も日大も、角界入りした多数の力士を輩出しており、そのなかに協会による発表直後から関与が囁かれる力士が複数人いた。問題がどんどん広がっていった2010年の野球賭博事件が思い出されました」

 野球賭博事件は当時の大関・琴光喜や大嶽親方(元関脇・貴闘力)など多くの力士や親方の関与が明らかになり、解雇や謹慎休場などの処分が下された。この事件の捜査過程で携帯電話のメールなどから八百長相撲まで発覚し、20人以上が引退勧告や出場停止処分を受けている。

「当初は、コンプライアンス委員会が調査し、初場所の初日となる1月9日までに関与した力士が発表されるという情報が流れていた。場所が始まってから新たに関与した力士がいると発覚すれば騒ぎが大きくなるため当然の見方だが、初日前日になってコンプライアンス部長を務める尾車親方(元大関・琴風)が取材に応じた際には『他の力士の名前は把握していない。いないことを祈りたい』とコメントしていた」(前出・相撲担当記者)

 他の力士も調査したうえで関与がないと考えているのか、他の力士は調査していないのか、判然としなかった。緊迫した空気のなかで注目されたのは、最初に名前の挙がった英乃海と紫雷の2人が警察の事情聴取に対して、どのように応対するかだった。大手紙社会部記者はこう言う。

「昨年9月、埼玉県警が摘発した草加市内の違法賭博店の防犯カメラに2人が映り込んでいたことから疑惑が浮上したとされています。2人は警察から事情聴取を受け、違法賭博店への出入りを認めたが、他の力士のことは一切触れなかったという」

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン