国内

《分裂抗争》山口組系若頭射殺事件、犯人は手土産のケーキ片手に発砲

抗争は終わらないのか…(写真は神戸山口組の井上邦雄組長、時事通信フォト)

抗争は終わらないのか…(写真は六代目山口組の司忍組長、時事通信フォト)

 鎮静化していたはずの山口組分裂抗争で久々の死者が出た。1月17日午後1時過ぎ、茨城県水戸市の六代目山口組の三次団体・三代目三瓶組の事務所付近を通行していた男性から「銃声のような音がした」と110番通報があり、かけつけた警察官が事務所内で倒れている神部達也若頭を発見。搬送先の病院で死亡が確認された。

「防犯カメラの映像などによると、犯人は事務所近くの洋菓子店でケーキ数点を購入し、それを手土産に事務所を訪ねてきた。犯人と面識があったかは不明ですが、事務所の玄関で応対したのが神部若頭だった。犯人はいきなり発砲すると、事務所内に侵入。掴みあいになった神部若頭にさらに発砲したと見られています。遺体には頭部を含めた複数の銃創が確認されています。事件後、犯人は事務所にあった車を奪い、逃亡しています」(全国紙社会部記者)

 犯行現場は水戸駅から約3キロの国道50号沿いにあり、交通量も多い。周辺には洋菓子店以外にもカラオケボックスや飲食店などがある。白昼堂々の発砲事件は民間人が巻き添えになってもおかしくなかった。1月20日時点で犯人は捕まっていないが、山口組分裂抗争と関連した事件という見方が強い。

「一方で、神部若頭が応対していることと、事務所の車を使って逃走していることから近しい人間による犯行説も浮上している」(実話誌記者)

 六代目山口組と神戸山口組による分裂抗争は6年半が経過し、市民は幾度となく恐怖に脅えてきた。2019年11月には、兵庫県尼崎市の商店街で神戸山口組の最高幹部が自動小銃で射殺されたが、こちらも午後5時と人通りの多い時間帯の事件だった。

「六代目山口組が優勢ですが、抗争終結は見えてこない。2020年1月に六代目側と神戸側双方が暴力団対策法による『特定抗争指定暴力団』に指定されてから、定例会などが開かれなくなり警察も情報取得に苦労している。両組織とも暴力という選択肢を捨てていない以上、今回の犯人の逮捕いかんによっては、抗争が激化する恐れもある」(フリーライターの鈴木智彦氏)

 民間人が凶弾に巻き込まれることだけは断じて起きてはならない。

※週刊ポスト2022年2月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン