芸能

南果歩 離婚や大病を経てたどりついた「生きていれば絶対大丈夫」の答え

20年ぶりの再会となった南果歩と辻仁成

2度の離婚、大病を乗り越えてきた南果歩

 2月4日、女優の南果歩(58才)の12年ぶりのエッセイ『乙女オバさん』が発売される。そこには、2度の結婚に2度の離婚、さらには病気と、人生の大波を乗り越えた彼女の半生が綴られている。特に、最初の夫である作家・ミュージシャンの辻仁成(62才)と離婚してからの20年間は、南にとって平たんな道のりではなかった。

 シングルマザーとして仕事と育児の両立に奔走。その後、ドラマ共演がきっかけで出会った俳優の渡辺謙(62才)と2005年に再婚を果たす。順風満帆かのように思われたが、2016年には乳がんが発覚。すぐに手術を受けた。

 翌2017年、追い打ちをかけるかのような、渡辺の不倫報道。ショックのあまり、南は重度のうつ病と診断された。日本にいては人目もあって心が休まらない。残されたわずかな力を振り絞って、アメリカ・サンフランシスコへと脱出した。2018年に2度目の離婚。それは決して後ろ向きな選択ではなかったという。南本人に話を聞いた。

「自分らしく生き、本当の幸せを見つけるための決断でした。縁あって結婚したのだから、別れた後も、彼には幸せでいてほしいし、私自身もいままで以上に幸せにならないと別れた意味がない。そう考えられるようになったんです」

 がんの手術から5年が経過した昨年の定期検診では、医師からうれしい結果が告げられたという。

「主治医の先生は“寛解”という言葉は使いませんでしたが、『これからも経過観察を怠らず、体を大切にしてくださいね。大丈夫、こんなに前向きな患者さんはなかなかいらっしゃいませんから』とおっしゃってくださったんです。本当につらい5年間でしたが、この言葉を聞いて、私のなかでは一区切りついたような気がしました」(南・以下同)

 また、新たな家族の存在も南にとって大きな活力になっているという。

「2度目の離婚が成立した2018年の終わりに、息子が結婚したんです。去るものは去り、来るものは来る。それが人生なんだなと実感しました。この時期に、家族が新しく増えたことで、本当に心が救われたように思います」

 家族の形は変化しても、つながりは変わらない。実は、離婚後も辻の母親との交流は続いているという。

「お義母さんには、大変な時期に子育てを手伝ってもらっていたので、その恩返しをしたいという気持ちがずっとあります。いまも定期的に会いますし、『果歩ちゃん』と呼んで本当の娘のように接してくださるんですよ」

 そんな“義母”の影響もあってか、南は現在、息子夫婦と同居して、義理の娘のことは「お嫁さん」ではなく、「娘」と呼んでいる。彼女と2人で夜中まで話し込むこともあるほど仲がよいそうだ。

「ただ、適度な距離感は大事。あくまでもわが家の構成は“息子夫婦と私”であって、息子夫婦と私は別ユニットだと意識しています。そうすれば、互いに干渉せず、ほどよい距離感を心地よく楽しめると思うんです」

 息子夫婦は新型コロナの感染状況が落ち着いたら生活拠点を海外に移す予定だという。

「全然寂しくないんですよ。彼らは自分たちの人生を生きているし、私にも仕事をはじめ、やるべきことがある。それに、ひとりでいることによって豊かになる時間もある。ひとりで過ごす時間の中で、後半生をどうやってより充実させていくかを考えていきたいですね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン