ライフ

「コロナにかかるとペニスが小さくなる」報告 血流悪化が原因か

そんなこともあるのか…(イメージ)

そんなこともあるのか…(イメージ)

 まさに男性陣が縮み上がってしまうような報告が登場した。これまでも新型コロナウイルス感染者が後遺症に悩む例は報告されてきたが、『週刊ポスト』編集部員のA(43)は、このように語る。

「ここ1か月ほど“皮”を被っていることが多いんです。『寒いから縮こまっちゃったのかな』と思っていたのですが……」

 昨年10月に新型コロナに感染したAは、入院中に40度近い発熱が1週間続き、血中酸素濃度の低下で酸素投与を受けるほどの苦しみを味わった。退院後は味覚・嗅覚障害などの後遺症は出なかったが、体の一部に残念な変化があったという。

「どうにもペニスのサイズが小さくなった気がするんです。まさかこれもコロナ後遺症かもしれないなんて、残酷すぎますよ」

 1月14日、米誌『ニューズウィーク』(ウェブ版)が男性を震撼させる記事をアップした。タイトルは『コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ』。

 記事の元になったのは、英医学誌の権威といわれる『ランセット』に掲載されたひとつの論文だった。この論文は、コロナ感染者のうち後遺症の可能性がある3762人の患者を調査したもので、「疲労感」「抜け毛」など200以上の後遺症のなかに「精巣または陰茎のサイズの縮小」が認められたというのだ。『ニューズウィーク』では通常時のサイズが3.8cmも短くなったという男性の証言も紹介されている。くぼたクリニック松戸五香の窪田徹矢院長が解説する。

「コロナウイルスは全身の血管を損傷させることが分かっており、これが陰茎の縮小の原因になっている可能性があります。陰茎海綿体は毛細血管の集合体で、血管が損傷して血流が悪くなると膨張率が低下し、サイズそのものも小さくなる。海綿体の体積が減ってしまうのです」

 昨年5月に韓国の学術誌『ワールド・ジャーナル・オブ・メンズヘルス』に掲載された論文では、コロナ感染者のペニスの血管内部に「スパイクタンパク質」というウイルスの残骸が発見されたと報告された。これもペニスの血流悪化の要因と考えられている。

サイズは元に戻らない

 恐ろしいことに、一度小さくなったペニスは元に戻らないという。窪田院長が語る。

「ウイルスの作用で陰茎内の毛細血管の細胞が死滅してしまうと、現状、それを復活させることは難しい。一生サイズが元に戻らない可能性も十分考えられます」

関連キーワード

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン