芸能

芸能界コロナ感染者続出でテレビ各局が難航する番組の「代役決め」

松本人志の何がすごいのか?

松本人志

 オミクロン株が猛威を振るい、連日芸能界からも感染者が続出している。タレントが感染すると、感染者だけではなく濃厚接触者も番組への出演が制限されるため、各局が「代役探し」に四苦八苦している。この「代役決め」には、番組ごとに独自のやり方があるという。

 1月21日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、木曜レギュラーのHey! Say! JUMPの伊野尾慧(31)の感染を受け、メインキャスタ―の三宅正治アナ(59)ら7人が出演を見合わせ、同局の佐野瑞樹アナ(50)、久慈暁子アナ(27)ら『めざましどようび』チームが代役を務めた。フジテレビ関係者が言う。

「伊野尾さんは木曜のみのレギュラーのため、翌日の代打を探す必要はありませんでしたが、そもそも朝の情報番組では、コメンテーターなど出演者の欠席には基本的に代役は立てません。しかし局アナが感染や濃厚接触の疑いで出演見合わせになった場合は、今回のように系列番組に出演しているアナウンサーや、以前に出演していたアナウンサーにお願いします」
 
 また、1月20日放送の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)では木曜スタジオレギュラーの5組中4組が代役。さらには1月26日の放送では“代打出演”するはずのお笑い芸人「さらば青春の光」森田哲矢(40)が体調不良で欠席。お笑い芸人「ニューヨーク」の屋敷裕政(35)が急遽、“代打の代打”を務めるという異例の事態となった。

「『ラヴィット!』の場合はひな壇芸人を並べたバラエティー番組の作りなので、どうしても代役が必要となる。これまで代役が必要な場合は、基本的に欠席するタレントと同じ事務所で仲が良かったり、先輩・後輩の関係にあるタレントにお願いしていた。しかし、ここまで感染が拡大した今、代役のスケジュールを抑えることが難しくなっており、特に生放送の場合では選り好みはしていられず、とにかくすぐにでも出演できることが、最優先事項になります。必然的に、人数が多く調整が利きやすい吉本興業にお願いすることが増えている」(番組制作会社スタッフ)

 芸人以外の場合も、大手事務所に依頼するケースが多い。事実、ホリプロ所属のタレント、井上咲楽(22)は1月23日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で「逆にコロナ禍で仕事が増えた」「代打のお仕事が結構多いんですよ。前日の夜とかに『ちょっと明日代打で来られますか?』というふうに来たりとか」と、急な“代打需要”を明かしている。

 だが、例外もあるという。

「松本人志さん(58)が濃厚接触者となり1月30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)を欠席することを発表しましたが、松本さんくらい“大物”になるとそれなりの格のタレントにお願いしなければならない。今後は代役を探すよりも『総集編』を入れたりと、番組の構成を変えていく方向に変わっていくのでは」(前出・番組制作スタッフ)

 混乱はしばらく続きそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン