国内

秋篠宮さまがNY総領事と会談 異例人事の新任者に託した「安全とメディア」

ニューヨークの娘を案じられている(2019年10月、東京・渋谷区。JMPA)

ニューヨークの娘を案じられている(2019年10月、東京・渋谷区。JMPA)

 通された応接間で、男性はひとり、その屋敷の主人の到着を待っていた。底冷えする1月下旬の、重く静かな午前中。部屋がたたえる静謐な雰囲気が緊張をあおる。──外務省のキャリアとして、さまざまな外交の現場に立ち会ってきた。国内外の要人を接遇したし、海外の実力者とハードなネゴシエーションをしたことも一度や二度ではない。ただ、相手が“この方たち”となると話は別だ。

 メガネの奥の目はどこか落ち着きがない。男性は恰幅のいい体を小さくして永遠にも思える時間を待っていた。張り詰める空気が突然揺れて、“この方たち”が部屋に入ってきた。秋篠宮ご夫妻だ。秋篠宮さまは、見慣れた通りのポーカーフェイス。紀子さまにいつもの微笑みはない。

 男性がニューヨークの総領事に任じられたことを報告すると、ご夫妻は、神妙な面持ちで小さく頷かれた。その頷きに込められた意味は途方もなく大きい。もちろん“心当たり”はある。

 ニューヨークに暮らす小室夫妻を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。1月27日、秋篠宮ご夫妻は、お住まいの赤坂東邸(赤坂御用地)で、新たに着任したニューヨーク総領事と接見された。その新総領事は、森美樹夫氏。東大法学部から1985年に外務省に入省したキャリア官僚だ。

「キャリア官僚というと切れ者でドライなイメージがありますが、恰幅のよさも相まって、温厚で人情味に溢れた人物と評判です。学生時代は英語での演劇を行うサークルに裏方として所属し、入省後は主にアフリカや開発途上地域を担当してきました。

 欧米の大国相手だとシビアでビジネスライクなやりとりを求められますが、アフリカの国相手だとコミュニケーション能力や義理と人情、つまり“人間力”で仕事が円滑にすすむケースも多い。森氏はまさにそういう仕事で力を発揮するタイプ。部下にも慕われる人で、穏やかで優しい人柄からかなりの艶福家だそうです」(外務省関係者)

 別の外務省関係者が続ける。

「秋篠宮さまは、2007年に眞子さんを伴ってマダガスカルを旅行されたり、2012年にウガンダを訪問されたりと、幾度かアフリカ地域に足を運ばれています。森氏とは、公務に関連して顔を合わせ、面識があるようです」

 森氏は、昨年1月に外務省の領事局長に着任した。それからわずか1年での異動というのは珍しいケースだという。

「さらに言えば、アフリカ畑の森氏がニューヨーク総領事になったことも、外務省内で驚きをもって伝えられています。その上、総領事が着任の際に皇族方に接見すること事態が異例です。接見が宮内庁と外務省のどちらの発案で実現したものかはわかりませんが、ニューヨークで暮らす眞子さんを思って、何かと気にかけてほしいという秋篠宮さまの直談判の気持ちがあったのではないでしょうか」(前出・別の外務省関係者)

関連記事

トピックス

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
(写真/村山康文)
【現地レポート】ベトナム戦争中の民間人殺害事件で新証言「韓国軍は味方側の村を焼き払った」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館[代表撮影](時事通信フォト)
安倍元首相の国葬前にも「自粛」通達 暴力団が国家的な行事に「協力」する狙い
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン