スポーツ

羽生結弦、幼少期の奇跡 教えられてもいない1回転半ジャンプを成功

4回転半ジャンプに挑むと明言(写真/アフロ)

4回転半ジャンプに挑むと明言(写真/アフロ)

 世界中から注目される、北京五輪男子フィギュアスケートの羽生結弦(27才)。ソチ、平昌と連続して金メダルを獲得し、今大会は3連覇がかかっている。卓越した技量で世界を魅了する羽生だが、どんな経緯でスケートを始めたのか。(全5回の第1回)

《優勝をしたのなら、その次は優勝した自分を超えなきゃいけない。そんな戦いを続けることが、僕の理想です》
《まだまだ遠い話だし、出られるかどうかもわからないオリンピック。でもひたすら、すごく楽しみにしています》

 自著『蒼い炎』(扶桑社)にそう綴ったのは、当時17才だった男子フィギュアスケート選手の羽生結弦(27才)だ。ご存じの通り、その2年後に初めて出場した2014年のソチ五輪では男子シングルで金メダルを獲得し、続く2018年の平昌五輪で連覇を果たす。そして、27才になった羽生は、かつての夢だった舞台に3度目の出場をする。

 2月4日に開幕する北京五輪には、右足首に残る古傷の不安、アメリカ代表のネイサン・チェン選手(22才)をはじめとしたライバルの存在など試練が立ちはだかるなか、五輪3連覇を目指して「自分を超える戦い」に挑む。

 宮城県仙台市に生まれた羽生は、中性的な顔立ちで、よく女の子に間違えられた。ごく一般的な家庭に生まれた羽生が仙台市内のスケートリンクを訪れたのは4才のときだった。4つ上の姉の練習につきそい、にぎやかにリンクの外を走り回っていた羽生に、「そんなに動きたいのなら、やってみる?」と姉のコーチが声をかけた。

 するとスケート靴を履いた羽生はリンクへ全力疾走し、そのままリンクの中央付近まで走っていって派手に転んで頭を打ったという。コーチが慌てて駆け寄ると、無言で立ち上がり、再び元気に氷上を走り始めた。幼い羽生はアイススケートのリンクに恐怖心がなく、“初滑り”を楽しんだのだ。

 本格的に練習を始めると、まだ教えられてもいない「1回転半ジャンプ」に挑戦した。羽生の最初のコーチである山田真実さんは、朝日新聞のインタビューでこう明かしている。

《着氷で転んだのですが、ちゃんと1回転半回りました。『なんだ。これは』と。教えていないから、軸はぐちゃぐちゃ。でも運動能力だけで回ってしまったんです》

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
2週連続優勝を果たした 竹田麗央(時事通信フォト)
女子ゴルフ 初Vから連続優勝の竹田麗央(21) ダイヤモンド世代でも突出した“飛ぶのに曲がらない力”
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン