国際情報

北朝鮮が党幹部のために旧正月の豪華食材密輸入 庶民の怒り募る

食糧難が続く一方で…

食糧難なはずなのに…

 北朝鮮では2月1日の旧正月を迎えたが、2020年1月以来の新型コロナウイルス感染防止による中国との国境貿易停止の影響で、食糧の供給が十分ではなく、質素なものしか食べることができない状況が続いている。しかし、その一方で、朝鮮労働党幹部ら特権階級は中国と密貿易を行っており、日ごろ手に入らない豪華な食材などを輸入していたという。

 密貿易による荷物の運搬を目にした北朝鮮側の市民らは「国民が苦しんでいるのに、一握りの特権階級の幹部たちは規則を破って、自分たちだけ特別扱い。庶民のことなど何も考えていない」などと不満を吐露しているという。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 北朝鮮は1月下旬、2年ぶりに中国の国境貿易を再開したものの、ようやく鉄道輸送が始まったばかりで、依然として食糧の多くが不足している。

 しかし、ある市民はRFAに対して、「党幹部らの特権階級は家族や親族と旧正月を祝うために、通常の国境貿易とは違うルートで、中国から特別な食材を調達している」と明かした。

 北朝鮮の秘密警察である国家安全省は直属の貿易商社に特別な許可を与えて、中国から食材の輸入を命じており、同省傘下の国境警備総局が用意した船舶を用いて、鴨緑江の対岸に位置する中国の港から物資を運搬しているという。

 ある北朝鮮の商社関係者はRFAに対して「中国遼寧省の鴨緑江に面した港から食用油や砂糖、果物、野菜などを船積みし、対岸の北朝鮮の港まで運ぶ中小の船舶が両港を頻繁に行き来しており、北朝鮮側に運ばれた荷は徹底した検疫と消毒の手順を踏んでから陸揚げされ、直ちに貨車に載せられて各地に運ばれ、各地域の省庁の役人に贈答品として供給されるのです」と述べている。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン