芸能

「あき竹城が消えた!」引退説の真相を探る 本人から届いた「伝言」

2007年NHK『どんど晴れ』に出演したあき

2007年NHK『どんど晴れ』に出演したあき

 女優のあき竹城(74)がメディアから姿を消した。ベテラン女優でありながら飾らないキャラクターでバラエティ番組でも引っ張りだこだったが、レギュラーを約8年間務めた『炎の体育会TV』(TBS系)を2020年9月をもって卒業。最後に出演した同番組では、コロナ対策ということでスタジオに姿を見せず、「本当に楽しかった。皆さんとロケ行ったり、アスリートの方と会ったりして」と電話で番組への感謝を述べた。

 実は『炎の体育会TV』を卒業した頃から、あきのメディア出演は激減している。お馴染みだった『秘密のケンミンSHOW極』(日本テレビ系)も2020年3月に出演したのが最後で、現在は橋本マナミや渡辺えりといった面々が山形代表を務めている。

 2月4日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(ABEMA)にゲスト出演し、ネット上では〈あき竹城を久しぶりに見た〉という声もあったが、こちらは2017年放送分の再放送だったので、あきが新たに収録に参加したわけではない。

「あきさんはご自身のみが在籍する個人事務所なうえに、オフィシャルサイトがあるわけではありません。また、SNSアカウントを持っていないので、近況は謎のままです。気づけば、テレビでも姿を見かける機会がなくなっていた。何か私生活で事情を抱えているのか、それとも芸能界をフェードアウトするつもりなのか……? 年齢が年齢だけに、業界内でも引退説や、お身体を心配する声が上がっています」(芸能プロ関係者)

 もしや引退を考えているのか? 取材を申し込むためにあきの自宅を訪れると、関係者らしき人物が対応してくれた。

「コロナ禍なので、しばらく仕事はお休みしています。一社に対応すると、『ではうちも……』となってしまうので、ご依頼は全部お断りしている状況です」(あきの関係者)

 その後、弁護士を通して、あき本人から伝言があった。

「年齢的にもコロナが怖いため、仕事はお休みしている状況です」(あきからの伝言)

 2月3日、新型コロナウイルスの新規感染者数が全国で10万人を突破し、過去最多を更新した。オミクロン株が猛威を振るい、コロナ禍は収束しそうにない。たしかに自身の年齢も鑑みて、あきが慎重な選択をするのも無理はない。

 なんにせよ、引退云々という話ではなくて一安心。芸能活動を再開した際は、コロナ禍でどんな日々を過ごしていたのか、ぜひインタビューさせてほしい。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン