国内

【緊急対談】岸田首相は中国にNOと言えるか「安倍・岸田対立構造の真偽」

岸田首相は中国にNOと言えるのか(時事通信フォト)

岸田首相は中国にNOと言えるのか(時事通信フォト)

 先日他界した石原慎太郎氏はベストセラー『「NO」と言える日本』(共著)で対米自立を訴えたが、現在の日本が問われるのは、むしろ膨張する中国への姿勢である。果たして岸田首相は、中国に毅然ともの申せるのか。歴代政権を見続けてきた田原総一朗氏と、安倍政権で内閣官房参与を務めた藤井聡・京都大学大学院教授が激論を交わした。【全3回の第2回】

田原:バイデンは、米軍3000人規模の部隊にウクライナ有事に備えて派遣を命じたと報じられています。

藤井:そうですね。アメリカにとってウクライナ問題は台湾問題ほどには重視してはいないが、ここまで拗れると対応せざるをえなくなる。

 しかし、トランプに比べるとバイデンは弱腰に映るし、日本の総理大臣も、中国に対して融和的な傾向が強い岸田さんに交代している。そんななかでウクライナ有事が始まってアメリカが巻き込まれ、北京冬季五輪が終わるというタイミングが重なる。もともと中国は北京五輪後を狙うんじゃないかと言われていましたが、悪条件が重なり合う“最悪の惑星直列”で、台湾有事が起きる可能性があります。

田原:ただ、私は藤井さんほど悲観的ではなくて、岸田さんは日本がやるべきことをよくわかっていると思います。習近平がもっとも信頼している日本の政治家は二階俊博さんで、その二階さんは中国に関しては自らの後継を林芳正さんだと考えている。岸田さんはそれをわかったうえで林さんを外務大臣に起用したわけです。岸田・二階・林の三者の間では、中国に対する具体的な対応策を検討している。

藤井:それを安倍(晋三)さん、高市(早苗)さんはどう考えるか。親中派の岸田・林ラインと、対中強硬派の安倍・高市ラインの対立構造というのは、自民党における伝統的な対立の構図で、両者ともにその主張には一理あると思っています。

 外交というのは、常に喧嘩するわけでも常に融和するわけでもなく、是々非々で喧嘩も友好もすべきで、両者の一理を組み合わせることが最善の外交政策だと思います。米ソ冷戦時代も、アメリカとソ連の指導者の間でホットラインはつながっていました。

 中国に対しては、今の共産党体制が100年、200年続くと認識して、毅然とした態度を取り続けることが大事ですが、同時に、日本は東西の架け橋になるという役割があると思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン