架空の仮想通貨交換所を提示されて国際ロマンス詐欺の被害に遭った人も(イメージ、AFP=時事)

架空の仮想通貨交換所を提示されて国際ロマンス詐欺の被害に遭った人も(イメージ、AFP=時事)

 少なくとも、お互いの人となりを知ろうとする時間をかけるよりも前に、結婚をちらつかせたり、投資話などお金の話が出た時点で疑うべきだ。相手との閉じたやりとりの渦中だと、どうしても判断が鈍るので、周囲の信頼できる友人や家族などに相談するのもおすすめだ。

 マッチングアプリには無料のものもあるが、有料のものは安全性が高い傾向にある。身分証提出の必要があるなど本人確認があり、24時間監視体制などが整っており、通報・ブロック機能などがあるなど、管理体制が整っているマッチングアプリを利用するといいだろう。

 相手が信頼できると感じられるまでは、LINEなどの個人情報を交換せず、マッチングアプリ内でのやり取りにとどめておくと安心だ。有料のマッチングアプリ内でのやり取りであれば、運営側が不審な行動を監視し、問題に対してもサポートしてくれるためだ。

 また、最近のマッチングアプリでは、直接会う前にビデオ通話することが推奨されている。まずビデオ通話することで、プロフィール写真と同じ人物か、信頼できそうかなどがある程度判断できるようになっているのだ。「Pairs」では、2020年4月よりアプリ内でビデオ通話が楽しめる「ビデオデート」機能を開始。パトロールされている安全な環境で、IDなどの個人情報を教えることなくビデオ通話ができると好評だ。

 また「タップル」は、機械学習を用いたスコアリング機能「悪質スコア」を導入。新規登録ユーザーに対してアプリ内の行動から悪質スコアを判定し、不正利用者の早期発見を図るなど、国際ロマンス詐欺への対策を強化しており、サービス側でも対策が進んでいるようだ。

大学生を狙ったSNSでのカルト勧誘も

 引っかかりやすくなっているのは、マッチングアプリで恋人や結婚相手を探している人たちだけではない。冒頭で紹介したような、ただ友人が欲しいと考えていただけの大学生も同様だ。

 今どきの大学生は、「#春から○○大」というハッシュタグで同じ大学の同級生同士つながっている。これを悪用し、春頃には入学したての学生を狙ったカルトからの勧誘なども相次いだ。コロナ禍で孤独でつながりを求める学生に狙いを定めた悪質な行為だ。こちらもやはり通常の出会いよりも連絡をとったり直接会うための敷居が低いため、悪用されているというわけだ。

 コロナ禍で、直接会い、交流しづらい日々が続く。特に若者が寂しさに駆られる気持ちはよく分かる。しかし、そのような心の隙間を狙っている人がいることを忘れず、自分の身を守りながら、安全に利用するようにしてほしい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン