芸能

主演作でイメージ覆した佐藤二朗 絶妙な“おかしみ”が見せる新たな顔

佐藤二朗

コミカルなパブリックイメージを封印した佐藤二朗

 1月21日より公開中の佐藤二朗(52才)主演の映画『さがす』。本作は、失踪した父と、その父を必死に捜す娘の関係を描いたサスペンス。先の読めない物語や俳優たちの名演に唸る人も多く、SNSなどの口コミには「緻密な物語の構成に衝撃を受けた」、「佐藤二朗の実力を思い知らされた」といった言葉が並んだ。特に注目なのが、やはりシリアスに徹した佐藤の演技だ。佐藤が見せる俳優としての新たな一面について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 本作は、初長編映画『岬の兄妹』が国内外で高い評価を受けた片山慎三監督(40才)の長編2作目にして商業デビュー作。次世代クリエイター映画開発プロジェクト「CINEMUNI」の第一弾作品だ。「指名手配中の連続殺人犯を探す」と口にして失踪した男とその娘、そして彼らに関わる周囲の者たちの姿を独自のタッチで描き出し、シリアスなトーンながらもエンターテインメント性の高い作品に仕上がっている。主演の佐藤は監督からの熱望を受け、オファーに応えたのだという。

 舞台は大阪の下町。中学生の娘・楓と暮らす原田智(佐藤二朗)はある日、「指名手配中の連続殺人犯を見かけた、捕まえたら懸賞金300万円がもらえる」と楓に話す。楓は父のいつもの冗談だと思い相手にしなかったが、その翌朝、智はこつ然と姿を消してしまう。警察には相手にしてもらえず、何とか手がかりを掴もうと楓が奔走していると、日雇い現場に父の名前が。しかし向かった先にいたのは見知らぬ若い男。失意に暮れる楓がふと連続殺人犯のチラシに目をやると、そこには日雇い現場にいた、父と同じ名の若い男の顔写真が載っているのだった。

 この特異な物語を支えるキャラクターには、フレッシュな若手から大ベテランまで多彩な俳優陣が配された。娘の楓役をエネルギッシュに演じる伊東蒼(16才)は、昨年公開された映画『空白』での好演も記憶に新しいところ。今作でも物語の推進力となる重要な役を見事に演じ上げ、ベテラン勢に負けぬ存在感を放っている。連続殺人鬼役を演じた清水尋也(22才)は、昨年放送された朝ドラ『おかえりモネ』(NHK)での爽やかなイメージを完全に払拭。観客を恐怖に引きずり込む怪演ぶりが話題となっている。その他、森田望智(25才)、松岡依都美(41才)、品川徹(86才)らが脇を固めている。そんな座組をけん引するのが、主演の佐藤二朗である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン