国内

詐欺被害者が情報交換する場で再び騙される人が出てしまう構図について

仮想通貨のマイニング(採掘)工場(イメージ、AFP=時事)

仮想通貨のマイニング(採掘)工場(イメージ、AFP=時事)

「男性からは、あるサイトのURLが送られてきて、そこには私が購入した400万円分の仮想通貨の値段が、ぐんぐん上がっていくチャートが載っていました。一時期は700万円近くまで上がり、300万円分を現金に戻したいと相談したんです」(山本さん)

 しかし、出資金を預けた男性は「今、現金化すると勿体無い、もっと上がる」と払い戻しに反対し、山本さんの申し入れを聞こうとしなかった。山本さんも不安がまったく無かったわけではないが、男性に説得されながら400万円が増えているというチャートを見て「それもそうだ」と払い戻さないことに納得してしまったという。

 そして2021年、山本さんが「投資」したこの仮想通貨をめぐり、複数人が逮捕された。逮捕されたメンバーの中に、山本さんが投資した金を預けた男性は含まれていなかったが、この出来事により、投資した金は実際には運用に回されていないことが明るみに出た。知人も「騙された」と泣いて詫びたというが、知人がグルだったのかどうかは、今なおわからない。首謀者らは、集めた現金で投資をせず、自身の派手なライフスタイルをSNSで宣伝するための「見せ金」に使っていたとみられる。さらに、常に新たな「投資者」を獲得しつづける自転車操業状態に陥っている「詐欺」だったことも発覚したのだ。事件を取材した大手紙社会部記者がいう。

「逮捕された男は『マルチの帝王』と呼ばれ、以前にも似たような詐欺事件を起こしていました。今回の被害額は650億円とされていますが、実際はもっと多いのではないかというのが当局の見方。被害者の数は、数百人とも数千人とも言われています」(大手紙社会部記者)

 400万円が失われたと失意の底にあった山本さんが食い入るように見入っていたのが、この大規模詐欺事件の「被害者」達が集まる、SNS上のグループチャットだった。

「全国各地から、この詐欺事件に巻き込まれたという人々がたくさん集まってきて、金を取り返すためにはどうしたらいいかと話し合っていました。私が参加した時点で、ユーザー数は1500人ほど。それほど多くの人が騙されているのかと思うと、これは警察が動いて当然だな、と安堵さえしました」(山本さん)

 しかし、である。このグループチャットを見続けるうちに、被害に遭ったと自己紹介しながら「金を取り戻せました」という、山本さんにとって、あまりに羨ましい書き込みをする人が何人も出現していた。山本さんは藁にもすがる思いで、この書き込みをした人物とメッセージのやり取りを開始したのだ。

「よくよく話を聞くと、その取り戻せたと言っていた金は別の確実な投資によってもたらされたものなので、金を取り戻したいのであれば別途100万円くらい用意して欲しい、というものでした。実際、チャット上にはこの人物に『金を取り返してもらった』という書き込みもありましたが、言っていることが違う、怪しいなと。これは結局、騙しじゃないかと疑いを抱きました」(山本さん)

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン