国際情報

北朝鮮でBTSのダンスを教えた高校教師や学生が逮捕 両親に罰則の可能性も

昨年末ごろから内偵捜査が始まっていたという

昨年末ごろから内偵捜査が始まっていたという

 北朝鮮の秘密警察、国家保衛省の「反社会主義捜査チーム」は1月下旬、平壌市内で10代の学生ら数人に、韓国の人気男性アイドルグループ、BTSのダンスステップやディスコダンスなど「資本主義的な思想・行動」を教えていたとして、30代の女性高校教師と学生らを逮捕していたことが明らかになった。

 北朝鮮では2020年末、最高人民会議(国会の相当)常任委員会で「反動的思想・文化排撃法」が採択されて以来、主に韓国や米国メディアのビデオなどを隠し持っている市民らを厳重に取り締まっており、重犯罪者に最高刑で死刑になる。金正恩指導部は西側社会の文化などの流入に、かなり神経質になっているのだ。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 逮捕された女性教師は平松芸術大学でダンスの振付を専攻し、数年前から平壌市内の高校でダンスを教えていた。しかし、教員給与だけでは生活が苦しく、彼女は自宅でダンス教室を開き、高級幹部の子弟の中高生らにダンスを教えて、生計を立てていた。

 生徒たちは週に2回、1~2時間の個人レッスンを受けていたが、彼らは北朝鮮の伝統的な舞踊ではなく、「韓国や中国、米国の若者のように踊れるようになりたい」と教師に要求。彼女は韓国BTSのダンスを撮影したSDカードを入手し、彼らに振付を教えていたという。

 だが、うわさは生徒の間で広まり、反社会主義捜査チーム昨年末ごろから内偵捜査を開始。

 北朝鮮当局者は「捜査チームのメンバーは2日間、私服でダンス講師の家の周辺で張り込みを続けており、多くの生徒が家のなかに入っていくのを見て、現場に踏み込んだ」と語っているという。

 北朝鮮では2月1日が旧正月に当たるが、例年、旧正月の前後には、規則の施行にやや寛大になる傾向があり、住民はこの時期に韓国映画を観たり、外国の歌を聴いたりすることが多く、捜査チームは警戒を強めていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン