スポーツ

ワリエワを罵倒したロシアの“鬼コーチ” 髪をつかみ、ゴミ箱に…最恐伝説

(写真/アフロ)

4位に終わったワリエワ選手(写真/アフロ)

 試合後には選手と熱い抱擁を交わし、選手がミスしたとしても「よく頑張った」とねぎらいの言葉をかけ、肩を抱く──五輪では選手とコーチの固い絆も感動を呼ぶが、女子フィギュアスケートでは目を疑うような光景が世界の注目を浴びた。演技を終えたROC(ロシア・オリンピック委員会)のカミラ・ワリエワ(15才)に、エテリ・トゥトベリーゼコーチ(48才)が憤怒の表情でこう詰め寄ったのだ。

「なぜ諦めたのか説明しなさい! 戦うのをなぜやめたの?」

 ドーピング疑惑で非難を浴びるなか、フリーのリンクに上がったワリエワ。彼女の表情は最初からひきつり、演技に集中できるような精神状態でないことは明らかだった。前半の3回転半でバランスを崩すと、その後も自慢のジャンプを立て続けに失敗。演技を終えると顔を手で覆ってうつむき、リンクを後にした。

「同じくエテリコーチに師事しているトゥルソワ選手がコーチに向かい『あなたはすべて知っていた!』とまくし立て、演技後に抱擁を拒んだのもショッキングなシーンでした」(現地にいたスケート関係者)

 渦中のエテリコーチは、フィギュアの選手としてはほとんど無名の存在だった。引退後、コーチとして頭角を現し、2014年ソチ五輪で団体戦金メダルに貢献したユリア・リプニツカヤを指導。2018年平昌五輪では教え子のアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワが金銀を独占し、ロシアの女子フィギュアの黄金時代を築いた。

 今大会金メダルのアンナ・シェルバコワも銀のアレクサンドラ・トゥルソワも、ともにエテリコーチの指導を受けた選手たちだ。ただ、輝かしい実績を誇る一方、“厳しすぎる”という声もある。

「かつて、とあるロシア選手が、食事をしているところをエテリコーチに見られると怒られるので、こっそり食べては吐くということを繰り返していたと話しているインタビューを読みました。さらに思うようなジャンプができないと髪をつかんでリンク上を引きずり回されたり……。

 コーチに『ゴミはゴミ箱にいろ!』とゴミ箱に閉じ込められたという話や、骨折しているにもかかわらず、練習を続けさせられた選手もいると聞きます」(前出・現地にいたスケート関係者)

 彼女の教え子たちは10代半ばにして世界のトップに駆け上がる一方、ほとんどが“短命”で終わることも共通する。

「ジャンプは若くて体が細いからこそ跳べる。飢餓状態の中で朝から夜まで練習漬けの生活が長く続くはずがありません」(フィギュアスケート関係者)

 他国の関係者の間からは、こんな声も聞こえてくる。

「米国では販売が許可されていない競技力向上のための薬を多くの選手が常用しています。でなければ、あんなにご飯を食べていない子たちが、何時間も練習し続けられるはずがない」

 それでもエテリコーチの指導を希望する選手は後を絶たない。ロシア選手を取材したことがある記者が話す。

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン