スポーツ

ワリエワを罵倒したロシアの“鬼コーチ” 髪をつかみ、ゴミ箱に…最恐伝説

(時事通信フォト)

「氷の女王」と呼ばれるエテリ・トゥトベリーゼコーチ(時事通信フォト)

「フィギュアスケートは日本では裕福な家庭の子供がするスポーツと思われていますが、ロシアでは違う。金メダルを取るとマンションや多額の報奨金がもらえるので、貧しさから抜け出すためにスケートで“一発逆転”を狙うのです」

 エテリコーチはそんな思いでやってきた選手たちを一蹴することなく、最初はピンと来ずとも、もれなくスケートリンクに連れていき、指導するという。

 今回の問題を受けて、国際スケート連盟(ISU)は、シニアの大会に出場可能となる年齢を15才から17才に引き上げることを検討しており、年内には投票が行われる。

「年を重ねてふくよかになった女性と、身軽な女の子が競う競技は公平ではない。こういう議論は以前からあります」(あるフィギュアスケート関係者)

 ドーピング問題とともに、フィギュアスケートという競技のあり方そのものが問われている。

※女性セブン2022年3月10日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン