ライフ

カプセルトイがコロナ禍で人気 在庫リスク小さく、商品開発の冒険も可能

カプセルトイの市場は拡大している

コロナ禍の影響でショッピングモール内の店舗が軒並み閉店。その空きスペースにカプセルトイマシンが多数並ぶ

 硬貨を入れ、レバーを回し、ポンと出てきたカプセルを、「何が出るかな?」とワクワクしながら開けては一喜一憂する──このカプセルトイが、非接触で楽しめる手軽なエンターテインメントとして、コロナ禍で大ブームになっている。登場から57年、中身のおもちゃは進化し、大人も楽しめるようになったカプセルトイの、オモシロかわいい“いま”に迫る。

市場規模は過去、最大の450億円超

「コロナ禍で商業施設内の飲食店やアパレル関連のテナントが撤退。その空きスペースを有効活用しようと、電源要らず・店員要らずのカプセルトイマシンが多数置かれました。これが、いまのブームを後押ししています」

 とは、日本ガチャガチャ協会の小野尾勝彦さんだ(以下「」内同)。コロナ禍で旅行が難しくなり、外出といえば、スーパーマーケットや商業施設での買い出しくらい。そこにカプセルトイマシンがあれば、回してみたくなるというわけだ。

「現在、カプセルトイの市場規模は過去最大の450億円以上に急成長しています」

子供から大人の女性へ客層が変わりヒット

 日本にカプセルトイが登場したのは、いまから57年前。ペニイ商会がアメリカからマシンを輸入し、子供を対象に1個10円で販売し始めた。中身はキーホルダーや小さな人形が多く、レバーを回す楽しさ、何が出てくるかわからないワクワク感から、人気を博した。

「中のおもちゃは改良が重ねられ、1970~1980年代には『ウルトラマン』や『キン肉マン』などの特撮・アニメ作品の“ゴム人形”などが登場しました。この頃は小学生男子をターゲットにしていましたが、少子化の影響で、マーケットが縮小。これを打開しようと1995年頃から、大人の女性向けおもちゃが登場しました」

 それまでは、大人の女性がカプセルトイマシンを回すのは「恥ずかしい」という意識が強かったが、ディズニーキャラクターなどのかわいらしいフィギュアがカプセルトイに登場し、客層が広がった。

「なかでも爆発的にヒットしたのが、『コップのフチ子』シリーズ。コップなどのふちに引っ掛けられるようにデザインされたOLのフィギュアで、そのユニークさは、大人たちを魅了しました」

 その後の商品開発は、子供も大人も楽しめるものへと幅を広げ、いまでは毎月300種類以上の新作カプセルトイが発売されているという。

「カプセルトイは、完全受注生産で、売り切れると、基本的には再販しません」

 だからこそ、いまあるうちに手に入れたいというコレクター魂をくすぐるのだろう。また、集めたカプセルトイの写真をSNSに投稿する人も増えた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン