ライフ

老化細胞除去ワクチンの研究進む 従来薬より副作用少なく持続時間も長い

老化細胞除去ワクチンの研究を進める順天堂大学大学院医学研究科の南野徹教授

老化細胞除去ワクチンの研究を進める順天堂大学大学院医学研究科の南野徹教授

 医療の発達とともに日本人の平均寿命は年々延び続け、「人生100年」どころか「人生120年」が現実となりつつある。一方、健康寿命は依然男女ともに70代のまま。そのため、「死ぬ」ことよりも「老ける」ことへの不安が高まっている。老化を止めるすべはないのか――最新医学が驚くべき解答を呈示した。

「老化細胞除去ワクチンの開発に成功し、糖尿病や動脈硬化、フレイル(加齢により心身が老い衰えた状態)に対する改善効果や早老症に対する寿命延長効果を確認できた」

 昨年12月に英科学誌「ネイチャー・エージング」のオンライン版に掲載された論文の成果に世界中から注目が集まっている。

 論文の執筆者は、順天堂大学大学院医学研究科の南野徹教授(循環器内科)が主導する研究グループ。南野教授が研究の背景をこう語る。

「これまで報告されている老化細胞除去薬は、抗がん剤として使用されているものが多く、正常な細胞にも影響を与えて副作用が起きる懸念がありました。そこで私たちは、『老化細胞』だけに作用し、副作用の少ない治療法の開発を目指して、20年以上にわたって研究を行なってきました」

 南野教授が言う「老化細胞」とは何か。近年になって「人が老いる」メカニズムが徐々に明らかになっているが、老化の主因とされているのが老化細胞である。

「人間の体の細胞は、少しずつさまざまなストレスにより、DNAに傷が入ります。傷が治れば普通の細胞に戻りますが、傷が入ったままだと、下手するとがん細胞になります。がんにならないために、細胞分裂を止めた細胞を『老化細胞』と呼びます。がん化を止める半面、老化細胞は炎症を起こす物質を出すので、他の正常な細胞を傷つけて老化細胞を増やしてしまうのです。老化細胞ができる理由としては肥満など生活習慣によるものが大きな影響を及ぼすと考えられています」(南野教授)

 つまり、がんの発症を防止した代償として、老化細胞が増えるのだ。

「本来、老化細胞は、免疫の力で常に取り除かれているはずなのですが、免疫の力が落ちてくると、たまるスピードが上回り、老化細胞の量が増えてしまう。だから、年を取るほど老化細胞はたまっていきます。

 結果、老化細胞がたまることで身体機能や臓器が衰え、がんや心不全、糖尿病、アルツハイマー、変形性膝関節症、肺線維症などの大きな病気を引き起こします」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン