芸能

西郷輝彦さん、前立腺がん闘病「最後の希望」で挑戦した最先端治療PSMA

西郷輝彦さんが挑戦した最先端治療PSMAとは?(時事通信フォト)

西郷輝彦さんが挑戦した最先端治療PSMAとは?(時事通信フォト)

 昭和の大スター・西郷輝彦が2月20日、前立腺がんのため都内の病院で亡くなった(享年75)。2021年4月からはオーストラリアに渡り最先端のがん治療を受け、「がんが消えた」と喜んだ矢先の死だった。旧友と専門医の証言で、西郷の闘病を振り返る。【前後編の前編】

5年内生存率はおよそ30~35%

 西郷の訃報は、身近な人にとっても、突然のことだったという。

「10月上旬に入院してから亡くなるまでずっと病院にいました。つい最近会った時は、肌つやが良く、元気になる日は必ずくると思っていたのですが……」(西郷の知人)

 西郷は2011年に前立腺がんと診断され、全摘出手術を受けたが、2017年に再発し、骨転移した。

 ホルモン治療や放射線治療、抗がん剤治療などの治療を10回以上にわたって受けたものの完治には至らず、2021年5月に「ステージ4」の去勢抵抗性前立腺がんであることを公表した。

 くぼたクリニック松戸五香院長の窪田徹矢医師(泌尿器科)が語る。

「去勢抵抗性前立腺がんとは、ホルモン療法を続けているにもかかわらず、がんが進行してしまった状態を言います。前立腺がんは基本的に手術すれば再発性は低いですが、悪性度が高い場合は例外です。西郷さんの場合、2017年に再発しているので、ホルモン治療が効かなくなって、ステージ4まで進行したと考えられる。一般的にステージ4における5年内生存率はおよそ30~35%と言われているので、西郷さんは長く生きられたケースです」

 闘病中の西郷は、自らがんの治療法を猛勉強していたという。

 その結果、最後の希望を見出したのが、オーストラリアでの最先端治療だった。出国直後の2021年5月には、治療の様子を公開する公式YouTubeチャンネルを開設し、こう明かしている。

「願いはただひとつ、なんとかもう少しだけ好きな仕事をさせてほしい。コロナ感染が拡大し自粛生活が長引くなか、これまで落ち着いていたPSA(前立腺がんの腫瘍マーカー)というがんの数値が急激に上がってしまった。このままコロナ収束まで待っていても大丈夫だろうか、いや行動するべきだ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン