芸能

西郷輝彦さんのがん闘病、最期の望みをかけた日本で未承認の「PSMA治療」

PSMA治療に挑んだ西郷(『西郷輝彦公式チャンネル Telstar Vega』西郷輝彦緊急渡豪 前立腺がん最先端治療への挑戦 第三弾 失速編より)

PSMA治療に挑んだ西郷輝彦さん(『西郷輝彦公式チャンネル Telstar Vega』西郷輝彦緊急渡豪 前立腺がん最先端治療への挑戦 第三弾 失速編より)

 昭和の大スター・西郷輝彦が2月20日、前立腺がんのため都内の病院で亡くなった(享年75)。2021年4月からはオーストラリアに渡り最先端のがん治療を受け、「がんが消えた」と喜んだ矢先の死だった。旧友と専門医の証言で、西郷の闘病を振り返る。【前後編の後編。前編を読む】

 日本では未承認の「PSMA治療」は体から放射線が消えるのを待つため8週間の間隔を空け、計3回行なうのが基本で、西郷も計3回アクチニウムを投与した。静脈注射のみなので、他のがん治療と比べて体への負担は格段に軽いというメリットもある。

 一方、治療費は高額で、くぼたクリニック松戸五香院長の窪田徹矢医師(泌尿器科)によると「1回の治療で150万~200万円ほど。3回行なえば450万~600万円ほどかかります」という。

 それでも最後の望みをかけてPSMA治療に挑んだ西郷だったが、1回目の注射後の結果は期待を裏切るものだった。投与後に受けた検査で、前立腺がんの可能性を示すPSAの数値が、上昇していたのだ。その時の心境を西郷はYouTubeでこう明かした。

「(PSAが)3か4だったのがですよ。ある日325に上がったんです。もう驚天動地ですよ。それで清水(の舞台)から飛び降りる思いでシドニーへ来たんじゃないですか。こちらで測ったら470。そして治療していただいてなんと510。ドクターはフレア現象だって言うし……」

 フレア現象とは、放射線治療後の一過性の疼痛増悪を指す。

 さらに医師からは「次からは座薬を併用しよう」とも告げられたという。窪田医師が語る。

「他の前立腺がん治療でも、治療に反応してPSAの数値が上がるフレア現象はよくあることです。ただ、なぜ座薬を使うと提案したのかは、馴染みがない治療法なのでよく分かりません」

 失望する西郷だったが、8月に受けた2回目の治療では、状況が一転する。治療後のCT検査画像を見て、西郷はこう大声を上げた。

「がんが消えた!」それを報告する動画には、喜びと同時に困惑の表情も映し出されていた。「よかった。やった。あれ?」がんは消えたはずなのに、PSAの数値は上昇していたのである。

 一抹の不安を抱えていたものの、西郷は3回目の投与を行なった。9月8日にオーストラリアで収録された日豪プレスの対談では、「最高です。どこか悪かったんだっけ? そう感じるくらいです」と述べるほど、快方に向かっていたはずだった──。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン