芸能

黒柳徹子、米寿にして30年ぶりの意外な“引っ越し先”と信頼する男性の存在

最後を託す男性

30年ぶりに意外な場所へと引っ越したという黒柳徹子

「最近、30年くらい暮らしたところから引っ越しをしました。前は親と一緒に引っ越し作業をしたのですが、今回初めて自分でやったんです。台本や化粧品など、すぐに使うものは別にしてわかるようにして、段取りはちゃんとしなければいけないですね」 

 広大なお屋敷のリビングでくつろぐ黒柳徹子(88才)と引っ越し業者役の俳優・安田顕(48才)のコミカルな掛け合いが続く東京ガスの新CMが、2月24日から放送されている。放送に伴い、公開されたインタビューで黒柳が告白したのは、長年住んだ家からの引っ越しだった──。

 黒柳は昨年の8月に米寿を迎えた。

「確かに黒柳さんはここ数年、“生活をコンパクトにしていきたい”と周囲に話していましたね」(テレビ局関係者)

 これまで黒柳は“不動産好き”として知られ、都内の一等地に複数の物件を所有していた。しかし、ここ数年は周囲に話していた通り、コンパクト化を進めていたようだ。2004年には中央区のマンション1戸を、2017年には港区のマンションを2戸売却した。

「高齢になると不動産の契約更新や売買などの複雑な手続きが難しくなりますし、認知症になって契約手続き自体ができなくなるリスクもある。相続や遺産分割など後々のこともあるので、元気なうちに不動産を現金化して、扱いやすい資産にしておこうと考える人は少なくありません」(不動産会社関係者)

 不動産を次々に現金化する一方で、彼女は、新たに意外な地域のマンションを購入していた。

「アーケード商店街の周辺に閑静な住宅地が広がる、若いファミリー層に人気を集めるエリアで、しかもタワーマンションの高層階を購入したと聞きました。おそらく彼女はここに引っ越したのだと思いますが、なんと言うか、らしくない場所と言いますか。黒柳さんがこれまで好んで買ってきた都心近くの物件とは大きく異なるので、スッキリとしない引っ越し先ではあります」(前出・テレビ局関係者)

 黒柳を知る別のテレビ局関係者が話すのは、ある人物の影響だ。

「いまでも収録には、必ず付き添っています。衣装もほぼ彼が作ったものを着ていらっしゃいますね」

 彼とはオートクチュールのビーズ刺繍デザイナーとして活躍し、「ビーズ王子」として女性ファンからも人気の田川啓二さん(62才)だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン