ライフ

親が悩む子供の「夜尿症」は病気 適切な治療法で改善を目指す

アラーム療法のセット

アラーム療法のセット

 3つ目は覚醒障害。人間は深い眠りと浅い眠りを繰り返している。夜尿症がない子供は明け方になると眠りが浅くなり、尿意を感じれば、目を覚ます。一方、夜尿症の子供は睡眠のリズムが崩れていて、本来は眠りが浅くなる明け方に深くなってしまい、尿意を感じても、目覚めずに漏らしてしまうのだ。

「ほっといても、年間15%は治癒します。それでも治療することで、早期の改善が期待できます。治療の第1選択は尿を濃くするホルモンに似た成分を補充するタブレット服薬ですが、他にアラーム療法もあります。この療法の作用機序はまだ明らかではありませんが、効果は認められています。具体的にはオムツに水濡れセンサーを取り付け、少しでも漏れるとブザーが鳴るので子供を起こし、排尿させるのです。平均6週間継続すると効果がでます。ただ親の負担が大きいのか、途中で止めるケースがあり、問題となっています」(平野医師)

 今は慢性便秘と夜尿症の関連も明らかになっている。子供の便秘は腹痛を伴わないことが多く、親も本人も気づきにくい。ともあれ、お子さんや、お孫さんの夜尿症が気になる方は専門医に相談を。

取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2022年3月11日号

平野大志・東京慈恵会医科大学附属病院小児科医師

平野大志・東京慈恵会医科大学附属病院小児科医師

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン