芸能

石田純一の3億円豪邸を買ったカリスマ実業家「彼は読書家。人徳もある」

石田純一を目撃

石田純一が豪邸を売却(写真は昨年夏)

 玄関から開放的な中庭を抜け階段を上がると、暖かな日差しが入るガラス張りのリビングが広がる。大型のキッチンにワインセラー、広々としたベランダには200万円の檜風呂が鎮座する──都内の一等地に建つ、家主のこだわりが詰まった豪邸を、ひっそりと売却していたのは、石田純一(68才)である。

 石田にとってこの家は特別だった。彼が東尾理子(46才)と再々婚したのは2009年。ふたりはすぐに妊活に励み、体外受精によって2012年11月に待望の長男が誕生した。

「その翌年に完成した約3億円ともいわれる豪邸は、2度の離婚を経た石田さんにとって、“新たな人生”のスタート地点。その後も2人の女児に恵まれ、あの家で幸せな家族の思い出が紡がれていったのです」(石田家の知人)

 しかし、昨年のクリスマスイブに石田は思い出の詰まったわが家を手放し、新たに賃貸物件へと引っ越している。その理由を「経済的なもの」と指摘する声は少なくない。

 2020年4月、緊急事態宣言中に沖縄でゴルフに興じていたことや、その後もノーマスク会食などで批判が集中した石田。レギュラー番組の終了やスポンサー契約打ち切りなどで仕事を失い、「6000万円の損失」と本人も嘆いていた。さらに夫婦関係にもすきま風が吹いているという報道まで飛び出したのだ。そんな窮地の石田に手を差し伸べた人物がいる。

「芸能人御用達の焼き肉店を複数経営する、実業家の辛永虎氏です。石田さんの自宅を購入したのは辛氏なんです」(芸能関係者)

 辛氏は、数十年前に世間に「ハラミ」という部位を広めたパイオニアで、カリスマ経営者として知られている。石田とは大学時代からの仲だという。その辛氏が金欠の石田を救ったとみられているが、事実は異なるという。当の辛氏が明かす。

「いまから8年前、石田さんの自宅を訪問したときに素晴らしい家だと思い、売却するときは声を掛けてほしいと伝えていました。ちょうど石田さんの娘さんが今年の春に進学するそうなのですが、その学校には居住地域の条件があるようで、昨年、引っ越すことを決断したそうなんです」

 つまり、石田は「経済的な事情」で家を売却したわけではないというのだ。しかも、昨今の不動産価格高騰により、石田の豪邸の価値は上がっていたという。辛氏が続ける。

「相場から言えば4億円以上でしたが、私がお支払いしたのは3億円台後半。ほかに高額での購入希望者もいましたから、私が彼に頼み込んで買わせていただいた、というのが真相です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン