ライフ

ペットがのどにものをつまらせたら…身につけておきたい異物除去の方法

(写真/GettyImages)

大切な飼い犬、飼い猫が急に倒れたら…(写真/GettyImages)

「ペットに何かあったときは、飼い主が動物病院に連れていかなければなりませんが、搬送する間、何もしないでいては、救える命も救えません。獣医師に引き継ぐまで、できる限りの救命処置を施すことで助かる確率が上がります」と話すのは、日本国際動物救命救急協会代表理事で、ペットの救命救急法の指導・講習を行うサニーカミヤさん(「」内、以下同)だ。

「おもちゃを誤飲し、苦しんでいる愛犬を見て動転した飼い主が、何もできずそのまま死なせてしまったり、詰まったものが出ないなら飲み込ませようと奥に押し込み、自らの手で窒息死させてしまった例もありました。このように、初動のミスや無知からくる悲しい事故を防ぐため、飼い主はペットの救命救急法を身につけることが大切です」

 とはいえ突然の出来事に気が動転してしまうのもわかる。

「ペットの異変に際し、迅速に対処するためには、飼い主が落ち着くことが大切です。直立のまま深呼吸するより、両手を上げて深呼吸する方が、早く冷静になれます」

 平常心を取り戻したら、すぐに救命処置を。

吐き出そうとするタイミングで叩く

 ペットの事故として多いのが「異物誤飲」とそれによる窒息だ。そのとき必要な処置は、ほかの病気の救命にも役立つ。

「詰まらせるものは、おもちゃや犬のガム、りんご、ジャーキー、靴下、食べ物が包まれていた包装紙などさまざまです。のどにものが詰まって吐き出せないと、苦しくて目は見開き、口は紫色になって意識がなくなり、倒れます。

 救急の現場でよく見かけるのが、出ないからと異物を指や箸で奥に押し込んだり、両方の後ろ足を持って逆さまに振る人。奥に押し込めば窒息を早めますし、逆さまにして落下させると頸椎骨折の危険があるので、やってはいけません」

 コツは自力で吐き出そうとするタイミングで叩くこと。異物除去の具体的な方法を見て行こう。

■背部叩打法

【1】

【1】

【2】

【2】

 肩甲骨の間を叩いて異物を除去する方法。手順は、中型犬の場合、(1)利き手と反対側の手を前足と後ろ足の間から入れて、軽くあごを支える。(2)ペットの口をのぞき込みながら、肩甲骨の間を叩く。猫・小型犬の場合、腕に前足と後ろ足をまたがらせるように乗せて行う。

■チェストトラスト法

【1】

【1】

【2】

【2】

 胸部を両側から同時に圧迫して吐き出させる方法。手順は、(1)両手の指を上に向け、ペットの背後から覆いかぶさる。(2)ペットが吐き出そうとするタイミングに合わせ、ペットの口を見ながら手のひら全体で胸部を両側から同時に押す。猫・小型犬には効果的だが、中・大型犬には不向き。

■腹部突き上げ法(ハイムリック法)

【1】

【1】

【2】

【2】

 上腹部(剣状突起の下)を斜め上方に圧迫し、吐き出させる方法。手順は、(1)利き手と逆の手で拳を作り、親指と人差し指を上腹部にあてる。(2)反対の手で拳を覆い、ペットの背中と飼い主の腹部を付けた姿勢で、吐き出すタイミングに合わせて斜め上方に突き上げる。中・大型犬向け。

■咽頭反射法(ボミティングリアクション)

【1】

【1】

【2】

【2】

 のどの付け根を横から指で軽く押して吐き出させる方法。手順は、(1)ペットを支えながら、利き手を咽頭部に添える。(2)咽頭のいちばん下あたりを軽く押す。

 散歩中に拾い食いをしたときの飲み込み防止や、噛みついたときに引き離す場合などにも使える。

取材・文/鳥居優美 イラスト/尾世ゆう子

※女性セブン2022年3月17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト