芸能

オダギリジョー 独特の“掴みどころのなさ”が妙に役にハマるワケ

本作では脚本・演出・出演・編集までこなした(ABACA PRESS/時事通信フォト)

役ごとに独特の存在感を発揮(ABACA PRESS/時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演中のオダギリジョーについて。

 * * *
 オダギリジョーは不思議な魅力を持っている俳優だと、NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』を見ながら思う。深津絵里さん演じる2代目ヒロイン、大月るいの夫で、不器用ながら穏やかで優しい大月錠一郎(通称ジョー)は、戦災孤児で元ジャズトランペッター。突然、吹けなくなって自暴自棄になり挫折するも、るいと結ばれ京都で回転焼き屋を開業。だがその店もるい任せで、たまに店番をしてもすぐに客が帰ってしまうという商売っ気のなさ。そんな人間味溢れるジョーは、もはやオダギリさん以外に想像できないだろう。

 朝ドラ初出演のオダギリさんは、出演が決まった時の取材で、この仕事を引き受けるかどうか悩んだことを明かしている。「僕は夜中の作品のほうがしっくりくるタイプだし、今までもインディーズや小さな作品に重きを置いて活動してきたので、朝ドラは自分らしくないかなとだいぶ悩みました」と語っているのだ。

 オダギリさんに関する記事をネットで検索すると、出てくるのは“謎の男”“つかみどころがない”“尖っている”“異質”というような言葉。夜中の作品のほうがしっくりくるタイプという自己分析も、こんな風に評されてきたことと重なっているのかもしれない。

 演技力は折り紙つきで、役作りには定評がある。感情表現に含みを持たせるような演技も多く、余韻を感じさせる役者さんだ。だが、これだけ印象的なのに、どんな俳優かと聞かれると「個性的」という言葉の他にその個性をうまく表現できない。どんな役がハマり役なのか、はっきりとイメージできないのだ。確かに掴みどころがなく、謎の男という印象である。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第11回】老後のためにやりたいことを我慢して節約…貯金が増えても心が満たされない
週刊ポスト