芸能

フジ宮司愛海アナ、報道番組起用で“局の顔”に カトパンとの新旧交代も

新しい顔に(ロケットパンチ)

フジの新しい顔となるか(写真/ロケットパンチ)

 ベテランからエース候補までアナウンサーの退社が続くフジテレビが、ついに動きだした。フジ関係者が言う。

「“スポーツの顔”として活躍する宮司愛海アナ(30)を、昼の報道番組『FNN Live News days』に4月から起用することが決定しました。この枠は島田彩夏アナや立本信吾アナといった中堅アナがニュースを読む25分の、言い方は悪いが地味な番組。そこに人気の宮司アナをもってくるという配置に、局内ではいよいよ宮司アナを“フジの顔”に押し上げるために本腰を入れたと受け止められています」

 宮司アナは、2018年からスポーツニュース番組『S-PARK』でメーンキャスターを務め、東京五輪に続いて北京冬季五輪でもメーンキャスターとして活躍した。

 昨年10月には、1年延期となった東京五輪を目前に母を亡くしたことを明かし、「FNNプライムオンライン」に母のがん闘病と看取りについて寄稿した記事には大きな反響があった。

「写真集を発売するなどビジュアル面でも人気が高い宮司アナですが、安定したアナウンス力と生真面目さで着実に仕事を増やしてきたため、今時の女子アナにしては珍しく誰からも嫌われない能力があります。愛社精神が強くフリー志向がないので、“エース不在”が続くフジの最後の望みだと言われています」(フジ関係者)

 局をあげて宮司アナに報道番組の経験を積ませて報道エースとして育てる先には、かつての絶対的エースとの新旧交代もあり得るという。

「カトパンこと加藤綾子がメーンキャスターを務める夕方のニュース・情報番組『Live News イット!』は決して評判は悪くはないが、ギャラも含めいつまでもフリーアナ頼みでいいのかとの声もあり、ゆくゆくはキャスター交代の可能性も見据えられています」(同前)

 フジテレビは「番組制作の詳細についてはお答えしておりません」(広報推進部)という。宮司アナが夕方にスパークするか。

※週刊ポスト2022年3月18・25日号

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト