国内

高市早苗氏「相手が岸田総理でも2人で飲みには行きません」

高市早苗・政調会長にノンフィクションライターの常井健一氏がインタビュー

女性であるがゆえのバッシングも

 世界では続々と女性リーダーが誕生しているのに、日本ではいまだ実現していない。それほどまでにこの国の「ガラスの天井」は硬いのか──。先の自民党総裁選で岸田総理に肉薄した高市早苗・同党政調会長(61)は、日本初の女性総理候補のひとりと目される。ノンフィクションライターの常井健一氏が斬り込んだ。「週刊ポスト」の新シリーズ《女性総理、誕生!》から飛び出したスピンアウト企画。【全4回の第3回。第1回から読む

 * * *
──政界では女性というだけで男にはありえない期待をされ、男にはありえない叩かれ方をする。女性であるがゆえのバッシングはありますか。

「それはあります。第2次安倍改造内閣の時に女性閣僚が5人も選ばれたのですが、予算委員会で野党やマスコミから責め立てられたのは主に女性閣僚でした。出版社や新聞社の偉い人の中には女性が出世するのを快く思わないような人がいて、狙い撃ちにしているんじゃないかなって疑ってみたくなったほど」

──どうしてそんなことが起こるのでしょう。

「そうねえ。仲良くしている女性記者がおめでたで産休と育休を取るって言ったのに、出産後まもなく永田町を歩いていたの。聞けば、女性の権利に関する記事が多い新聞社なのに、自社の記者が産休を終えるなり、人手が足りないからとにかく働けと。女性の体のこととか、それに見合った働き方とか、一部のマスコミの上層部はわかっていませんね」

──そんな男社会だから、どんなに実力がある女性閣僚であっても「“女”を使った」と非難される。

「そういうのがいちばんたちが悪い。私も初めて選挙に出る準備をはじめた30歳から40代で結婚するまでは、ものすごくやられました。たとえば、企業の社長さんや病院の院長さんが政策に賛同するから応援します、うちでミニ集会を開いてあげます、と。で、集会に行ったら、すぐに『高市早苗の愛人』と、実名で怪文書がまかれる。県会議員さんの家々も挨拶回りするでしょ。そうしたら、1回しか会ったことのない大物県議が『高市の愛人』にされる。で、やっと当選して国会に来たら、こんどは週刊誌に『森喜朗先生の愛人』と書かれる」

──散々ですね。

「ありえない。私の好みは別として(笑)、森先生は見上げるような大先輩ですよ。私は独身だったからいいけど、相手のご家族に不快な思いをさせることを事実無根で書かれて、迷惑かけてしまう。すると、もう、普通に事務所に訪ねて行って、ご挨拶すらしにくくなるでしょ」

──本会議場で隣にいるだけでも、ヘンな噂を仕立て上げられる。

「そうそう。だから私は同僚議員と飲み会にも行かないので、付き合いが悪いって。それが私の弱みであるように報道されてましたけど、もう若い頃に懲りて、誰から誘われても、ほとんど行かないんですよ」

──政界では会食を通じて互いを知ることの重要性を説く人が多いけど、女性の身になればそれが出世の壁になっている。

「誘ってくださるのは、ありがたいんですよ。だけど、男性議員と4人で飲んだとしても、たまたまその中の一人と店を出た時に写真を撮られたら、それだけで迷惑がかかる。後援会の懇親会でも、男女両方がいる時でないと出ません。悩ましいのは、地元の選挙で誰を立てるか、その候補者を私が極秘で説得するといった場面ですよ。絶対に二人っきりで会わない。電話で済ますか、昼間に事務所に来てもらって話す。そうなると、やっぱり人間関係って密になりませんよ。高市はドライとか、友達が少ないとか言われてしまう理由は、そこなんですね……」

──女性にとっては生きづらい世界ですね。

「相手が岸田総理であっても、私一人だけお店に呼ばれたら行きません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン