ライフ

ほくろ、ニキビ、唇のあれ…早めに皮膚科で相談をしたほうがいい症状

写真はイメージ

悩み、部位ごとに対策を紹介(写真はイメージ)

 乾燥で肌が荒れる冬はもう終わりだが、肌トラブルに年中悩まされている人は多いはず。セルフケアでなかなか改善しない場合は早めに皮膚科で相談した方が良い。専門家に、部位別のポイントを聞いてみた。

【教えてくれた人】
おさめスキンクリニック 院長 納さつきさん/皮膚科専門医、医学博士。2013年に東京・代官山に開院。ていねいなカウンセリングを心がけ、東洋医学を取り入れた治療も行う。

すがも小林皮フ科 院長 小林道子さん/皮膚科専門医。肌が弱くアレルギー体質だった経験から、東京・巣鴨のクリニックでは予防医学にも力を入れている。

池袋駅前のだ皮膚科 院長 野田真史さん/皮膚科専門医。ニューヨークのロックフェラー大学皮膚科で診療、研究の経験も。2018年に東京・池袋にクリニックを開院。

日比谷ヒフ科クリニック 総院長 増岡宏昭さん/皮膚科専門医。東京大学医学部附属病院勤務後、都内4か所にクリニックを開院し、患者の悩みや症状に合った治療を提案する。

ニキビ「痕になりやすいニキビは症状に合った適切な治療を」

 肌のターンオーバーが乱れて毛穴が詰まりやすくなったり、生活習慣が乱れたりすることが主な原因のニキビは、大人になっても悩まされる人が多い。

「赤く腫れた赤ニキビや黄色く膿んだ黄ニキビの状態になると、痕が残ってしまう可能性が高くなるので早めに受診を。初期なら外用薬とビタミンB群の内服薬、赤ニキビには殺菌作用のある抗生剤など、段階に応じた適切な治療が必要です」(増岡さん)

ほくろ「隆起したほくろは保険で切除が可能」

「一般的にほくろと呼ばれているものは、色素性母斑という良性腫瘍です。隆起したほくろは洗顔時に爪が当たって出血するなどの問題があるため、月に1個までといった制限はありますが、保険適用の手術で切除できます」(増岡さん)

面ぽう(毛穴の詰まり)「鼻の頭の黒いブツブツはニキビの初期段階かも」

 鼻の頭や小鼻にある黒い毛穴は、保険で治療できる面ぽうの可能性も。ニキビの初期段階である面ぽうは、毛穴に皮脂が詰まった状態で触るとザラザラした感触が。

「特に鼻の頭など皮脂量が多い部分に起こりやすく、毛穴が詰まり皮脂が外に出られなくなると黒色に変化して毛穴が目立ってきます。面ぽうは、皮膚の角化を調節して毛穴の詰まりを改善する保険適用の外用薬で治療が可能。大きなものは、面ぽう圧縮という方法で取ることもあります」(小林さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン