ライフ

眼瞼下垂、多汗症、巻き爪、円形脱毛症…知っておきたい皮膚トラブルの治療法

写真はイメージ

肌トラブルは皮膚科に相談を(写真はイメージ)

 皮膚のトラブルはストレスが溜まるもの。しかし、長年悩んでいるトラブルでも、適切な治療をすることですぐに改善するケースもある。専門家にアドバイスを仰いだ。

【教えてくれた人】
すがも小林皮フ科 院長 小林道子さん/皮膚科専門医。肌が弱くアレルギー体質だった経験から、東京・巣鴨のクリニックでは予防医学にも力を入れている。

池袋駅前のだ皮膚科 院長 野田真史さん/皮膚科専門医。ニューヨークのロックフェラー大学皮膚科で診療、研究の経験も。2018年に東京・池袋にクリニックを開院。

日比谷ヒフ科クリニック 総院長 増岡宏昭さん/皮膚科専門医。東京大学医学部附属病院勤務後、都内4か所にクリニックを開院し、患者の悩みや症状に合った治療を提案する。

眼瞼下垂「日帰り手術で重たいまぶたがすっきり!」

 眼瞼下垂は、加齢やコンタクトレンズ使用などが原因でまぶたを上げる筋肉の力が弱まり、上まぶたが上がりづらくなる病気。

「まぶたが開けにくいだけでなく、頭痛や肩こり、疲れ目、おでこのしわ、視界が狭くなるなどの症状が出るため保険適用での手術が受けられます。ただし、二重のデザインに強い要望がある場合は自費となるので、医師とよく話し合いましょう」(小林さん)

多汗症「塗り薬も保険適用になり 手軽な治療が可能に」

 汗問題は他人に相談しづらい悩みのひとつ。しかし「わき汗パットが手放せない」など、女性でも多汗症に悩む人は多い。

「原発性腋窩多汗症というわきの多汗症は、保険で治療ができます。治療にはボトックスを注射して過剰な発汗を抑えるボツリヌス療法や手術などがありますが、近年、汗を抑える塗り薬も保険適用になりました。ボトックス注射は半年から9か月ほど効果が続くので、夏場は注射を打ち、冬場は塗り薬で抑えるなど、その人の症状に応じた治療ができます」(小林さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト