国際情報

【アメリカ発】トランプは見抜いていた「バイデンはウクライナを見捨てる」

様々な選択を迫られているバイデン大統領(写真/CNP=時事)

バイデン大統領は様々な選択を迫られている(写真/CNP=時事)

 ロシアのプーチン大統領が「今回の作戦はウクライナ政権に虐殺されてきた人々を保護する目的だ」と見え見えの嘘で軍事侵攻したのは、どうせアメリカのバイデン政権は動けないと見透かしていたからだ。その背後には「あの男」がいた──。アメリカ現地から高濱賛氏(在米ジャーナリスト)がレポートする。

 * * *
 今回の軍事侵攻を「崖っぷち戦略」などと報じる欧米や日本のメディアはプーチン大統領の真意を読み違えている。実は「かねてから用意周到に練られたNATO(北大西洋条約機構)拡大阻止の一環」(キャサリン・ストーナー・スタンフォード大学教授)だからだ。

 プーチン氏の強気の理由は2つある。まず、反米感情が高まる国内で、同氏の「大ロシア」(ソビエト連邦)への回帰志向に大衆が異議を申し立てるわけがない。最近の世論調査では、年金問題や物価高でプーチン氏の支持率は下がっていたから、外敵を叩いて愛国心を鼓舞する判断は理にかなっている。

 そして、同氏が進軍ラッパを吹くもうひとつの理由は敵国アメリカにいる「盟友」の存在だ。バイデン大統領の政策すべてにイチャモンをつけてきたトランプ前大統領である。二人はトランプ氏の大統領就任前からビジネスを通じて深い関係にあり、超大国のトップ同士になってからは、長男トランプ・ジュニア氏とプーチン側近らが頻繁に接触していた。

 トランプ氏は2月14日、「私が大統領だったなら、こんなことは絶対になかった」とツイートしたのに続き、22日には保守系ポッドキャスト「クレイ・トラビス&バック・セックストン」のインタビューでこう吠えた。

「テレビを見て、『こりゃ天才だ!』と叫んだよ。プーチンはウクライナの大部分に軍隊を侵攻させ、東部地域を独立国家だと宣言した。すごいことだ。私は『プーチンは頭がいい』と言った。この軍隊は(ウクライナ政府と独立派住民の)調停者だ。強力な和平監視役になる。こんなに多くの戦車は見たことがない。

 アメリカもこんな軍隊を(不法移民が殺到するメキシコとの)国境に派遣できればよかった。我々もいずれ(ウクライナ問題に)加わって平和を維持する。プーチンという男はまったく抜け目がない。私は彼を知り尽くしている」

 そして返す刀で政敵に斬りかかる。

「言っておくが、こんなことは私が大統領だったら起きなかった。(バイデン政権は)どう対応したか? 何もできずにいる。悲しいことだよ」

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン