ライフ

マシンガンズ滝沢秀一に聞くゴミの現状「約21年半で処分場はいっぱいに」

ごみ清掃員兼芸人の「マシンガンズ」滝沢さんに街のゴミの現状を聞いてみた

ごみ清掃員兼芸人の「マシンガンズ」滝沢さんに街のゴミの現状を聞いてみた

 出しても出しても、まだまだ出る毎日のゴミ。その量が年々、増えているような気がするけれど、ちゃんと不燃、可燃、資源を分けているし。と、胸を張っていたけれど、えっ、ゴミの行き場がもうすぐなくなるって? 女性セブンの名物ライター“オバ記者”こと野原広子は現実を見つめるべく、ゴミ清掃兼芸人のマシンガンズの滝沢秀一さんに話を聞いた。

臭いものにフタではすまなくなった!?

「日本のゴミっていま、ヤバイらしいよね」。渋谷を歩いているときに、年下の女友達K子(55才)が出し抜けにそんなことを言い出したの。東京のオミクロン株の陽性患者数が連日1万人を超えているとはいえ、週末の昼の繁華街は相変わらずの人出だ。

「でも、“まん延防止措置”で飲食店も夜8〜9時までしか営業していないし、ゴミって減っているんじゃないの?」

 そう言うとK子は呆れたように「その分、家庭ゴミが増えているのよ」と言う。

 そう言えば、思い当たることがあるんだわ。私の住む都心のマンションのゴミ置き場は月曜の朝がとんでもないの。

 不燃、可燃、資源を分けて所定の場所に置こうと足を踏み出すと、ゴミ山が崩れて下敷きになりそう。で、結局、迷った末に目をつぶってポンと投げ捨てる。こんなこと、コロナ禍の前にはなかったことだ。

 コロナ禍前と比べてどの程度家庭ゴミが増えたかというと平均量は131.5%で、増えたのは1位「生ゴミ」、2位「マスク」、3位「ペットボトル」だって。

 理由はおうち時間の増加に伴い、自炊が増えたことで、生ゴミや飲料のペットボトルのゴミが増えたのだとか(BRITA Japan株式会社 2021年8月調べ)。やっぱりねぇ。

 ではそもそも、それ以前はどうだったのよ。調べてみたら、もう、驚きを通り越して怖くなってきたわ。

 日本のゴミ総排出量は年間4272万tで東京ドーム約115杯分。これは私たちの目に触れる一般廃棄物の量で、そこに産業廃棄物、約3億7883万tが加わる。

 食品ロスは年間約612万tで、これは国民1人が毎日、お茶碗約1杯分の食べ物を捨てている計算だって。(農林水産省・環境省調べ、FAO、総務省人口推計 2017年)

 これはマズイでしょ。だけど考えようによっては、家庭ゴミが増えたということは私たちの手でどうにかなるということではないの? やるっきゃないって!

ゴミ清掃員になってすさまじい量に驚く!

 現役のゴミ清掃員でもあるお笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一さんに、日本のゴミ事情について話を伺った。

 * * *
オバ:ゴミ清掃員をしている芸人さんって滝沢さん、面白いことしているわねぇ。

滝沢:はい。10年前、妻の出産費用を稼ぐために始めたことだけど、おかげさまで人生、開けました。

オバ:いまやゴミを語らせたら右に出る人はいないものね〜。すっかり有名になられて。それでも、いまも清掃員を続けているんですって?

滝沢:はい。週イチですけどシフトに入れてもらってます。

「これは大問題だわ」(オバ記者)

「これは大問題だわ」(オバ記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン