芸能

『ファイトソング』で注目の菊池風磨、デビュー直後は「無口」だったバラエティで見せる成長ぶり

大倉忠義の交際報道にジャニーズファンたちは祝福ムード

菊池風磨はドラマ、バラエティなど幅広く活躍中

 連続ドラマ『ファイトソング』(TBS系)で存在感を放っているのが、Sexy Zoneの菊池風磨(26才)だ。菊池は最近、バラエティなどでの活躍も目立つ。デビュー直後から彼を見てきた放送作家でコラムニストの山田美保子さんがその成長ぶりについて解説する。

 * * *
 1月期の連続ドラマも、いよいよ最終回に向けて各作品、スパートをかけている。

 清原果耶の民放連続ドラマ初主演作として話題を呼んでいる「火曜ドラマ『ファイトソング』」は、その視聴率以上にキャストの多くに注目が集まっている。

 最大の理由は、キャストに愛情を注ぎ、全キャラクターをチャーミングに描くことでおなじみの岡田惠和氏によるオリジナル脚本だから。

 今回も抜群の演技を披露する清原のみならず、“取り組み”の相手、間宮祥太朗は、これまでの作品とは大きく異なる、情けない元・一発屋を好演。そして“最強の当て馬”と評判のSexy Zone菊池風磨のハッチャけたかと思えば男らしい振る舞いも見せるさまには初回から、「これって、まんま風磨じゃん」とファンを喜ばせ続けた。

 他にも、藤原さくら、東啓介ら、3人を取り巻く若いキャストも大評判で、スポーツ紙やネットニュースで彼らのインタビュー記事も頻繁に見かけた3か月だった。

 さらに、新境地の稲森いずみ、戸次重幸、橋本じゅん。岡田氏とは『輝く季節の中で』(フジテレビ系)以来27年ぶりにタッグを組んだ石田ひかり、岡田氏脚本の舞台『ミッドナイト・イン・バリ』で尋常ではない量の台詞を約2時間まくしたてた栗山千明ら、周りの大人たちも全員、優しくて愛すべき役。これぞ岡田惠和氏の真骨頂であり、見ていて心地がいい。

 そんな中、ネットを中心に、もっとも名前が取沙汰され、『ファイトソング』に欠かせない役として評判なのが菊池風磨ではないだろうか。

他のメンバーに比べ口数は際立って少なかった

 共演者のインタビューでは、風磨がアドリブを連発しているという話をはじめ、風磨が“主語”になっている記事を何度か目にした。
5日、『A Studio+』(同)に出演した間宮祥太朗も風磨を「風磨」呼びし、2008年、『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(日本テレビ系)で初共演したときからの“仲”だと明かしている。

「まだ(風磨が)B.I.Shadowの頃」とも説明。キョトンとした視聴者も少なくなかっただろうが、すかさずMCのKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔が「(ジャニーズ)Jr.の頃ですね」とフォローしていた。懐かしのグループ名を間宮が自然に出したことに、二人の“歴史”と良き関係をみせてもらった気がした。

『ファイトソング』本編のみならず、番宣のために、風磨と『王様のブランチ』や『バナナマンのせっかくグルメ!!』などで共演する機会が多かった間宮は、風磨のバラエティのスキルを信頼し、身を任せているように見えたものだ。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン