ライフ

スマホの使いすぎが原因“首が太く短くなる症候群”慢性疲労やうつ病誘発も

(写真/アフロ)

スマホの使い過ぎで首が太くなる!?(写真/アフロ)

 体を蝕む寒さが少しずつ薄れ、新しい季節の訪れを感じる時期だが、会社員の内藤明子さん(50才、仮名)は鏡の前でため息をついている。

「最近暖かくなってきたからタートルネックやセーターはやめて、久しぶりに春らしいVネックのカットソーを着てみました。だけど、なんだかしっくりこない。去年よりも首が太く短くなっているような気がするんです。体重や洋服のサイズは変わっていないのに、一体なぜなんでしょうか……。せっかくいい季節になったのに、気持ちは沈んだままです」

 内藤さんと同様の悩みを抱える人は少なくなく、「街中のショーウインドーに映った自分の首が顔と肩の間に埋もれているように見えて愕然とした」「冬の間、ダイエットに励んでやせたはずなのに、首だけがずんぐりと太い」といった嘆きの声がいたるところから聞こえてくる。東京脳神経センター理事長で医師の松井孝嘉さんはこうした“首が太く短くなる症候群”の原因の多くは、スマートフォンにあると断言する。

「体重や体形に変化がないのにもかかわらず、首だけが太く短く、まるで埋もれたようになってしまう理由のほとんどはスマホの使いすぎにあります。画面のサイズが小さなスマホは、どんなふうに持っても目から30cm以上の距離を保つのは難しい。小さなスマホをのぞき込むようにして使っていれば、次第に頭が前に落ち、猫背になりやすく背中は丸まっていきます。私はこれをスマホ漬けで起こる『スマホ首病』と呼んでいます」

 こうした“うつむき姿勢”が長時間続くと首の筋肉には大きな負担がかかる。

「人間の頭の重さは約6kgあり、普段は『頸椎』という7本の骨と首まわりの筋肉・靱帯によって支えられています。しかしうつむき姿勢になると、その重さはすべて首の筋肉だけにかかってしまう。この状態が習慣化すれば、大きな負荷がかかった首の筋肉は縮こまったまま、重症化すると金属のような硬さになり固定されてしまいます。そうなると顔を上げても首まわりの筋肉は動かず、常に首が肩に埋もれたような姿に見えてしまうのです」(松井さん・以下同)

 実際、コロナ禍におけるスマホの利用時間は増加の一途をたどっており、2021年の調査によれば、1日の平均使用時間は前年と比較して10分近く延びている。こうした生活習慣の変化に加え、女性はそもそも首に負担がかかりやすいと松井さんは話す。

「もともと、女性は男性に比べて筋肉の量が少ないため首にも負担がかかりやすい。料理をするときに包丁を持つ、掃除機をかけるときに床に目線を置くなど、家事はうつむくような姿勢をとることが多いうえ、授乳や乳児を抱く動作も首に負担をかけます。女性の日常生活には首を埋もれさせる動きが多いのです」

 見た目の変化は後ろ姿にも。竹谷内医院院長で整形外科医の竹谷内康修さんが言う。

「肩と首の筋肉はつながっているため、首に負担がかかって筋肉が固まれば、肩にも伝わり、力が入って肩甲骨が持ち上がったような状態になります。特に首から肩に張っている筋肉は、元来固まりやすく、首から肩にかけてまるでテントを張ったような、もっさりとした見た目になってしまうのです」

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン