国内

国際ロマンス詐欺の悪質手口 4600万円を騙し取られた被害者が告発

国際ロマンス詐欺に狙われた町田美穂さん(写真/美穂さん提供)

国際ロマンス詐欺に狙われた町田美穂さん(写真/美穂さん提供)

 インターネットを介して簡単に出会えるが、コロナ禍を理由に直接会わず、言葉の壁があるため詐欺が見破られにくい。まさに現代社会の落とし穴が生んだ犯罪といえる国際ロマンス詐欺。中高年や既婚者も他人事ではない。ノンフィクションライターの水谷竹秀氏が、その悪質な手口をレポートする。

 100万円、400万円、500万円、900万円、1000万円……。日を追うごとに追加される送金額を足していくと、わずか2週間のうちに、仮想通貨の取引に費やされた総額は4600万円に上った。その後に出金できなくなり、国際ロマンス詐欺だと気づいたときにはもう、手遅れだった。

「ショックで立てなくなりました。これからどうやって生きていこう、どうやってお金を返していこうと」

 都内のマンションの一室でそう嘆息するのは、ネット通販などを営む会社経営者、町田美穂さん(40代・仮名)。昨年6月に被害に遭って以降、失意の日々が続く。

「悲しいという気持ちを通り越しています。いっそのことコロナに感染して死んだ方が楽になれると思い、ワクチン接種を一時的に拒否したこともありました」(美穂さん)

 国際ロマンス詐欺とは、マッチングアプリなどで出会った外国人の異性と親しくなり、仮想通貨への投資話を持ち掛けられるなどで、金銭を詐取される特殊詐欺の一種だ。

 相手のアカウントのプロフィール写真は端整な顔立ちの欧米系が多いが、最近はアジア系も増えている。写真は実在する人物だが、犯人がインターネット上から無断で使用している別人で、被害者が実際にやり取りしている相手ではない。つまりは仮面をかぶった“詐欺師”なのだ。

 この国境を超えた「愛のささやき」による詐欺被害がいま、コロナ禍で急増している。国民生活センターによると、同様の被害の相談件数は2019年度の5件から2020年度には84件に跳ね上がり、昨年は170件にも上った。被害者は警察に直接相談する場合も多いため、この数字は氷山の一角に過ぎない。増加の背景には、コロナ禍によって対面での食事の場が減少したことがあるという。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト