ライフ

「スマホ首」を予防・改善する姿勢は? 首の筋肉をほぐす体操を紹介

首の不調を回復するには

首の不調を回復させるには

 季節の変わり目のせいか、慢性的な頭痛が起きるし、なんだかやる気も出ない、ふと鏡に目をやると、太くてたるんだ自分の首が目に入ってさらに気が滅入る──これら不調のは、コロナ禍でさらに加速したスマホの使いすぎが原因かもしれない。

「街中のショーウインドーに映った自分の首が顔と肩の間に埋もれているように見えて愕然とした」「冬の間、ダイエットに励んでやせたはずなのに、首だけがずんぐりと太い」といった嘆きの声がいたるところから聞こえてくる。東京脳神経センター理事長で医師の松井孝嘉さんはこうした“首が太く短くなる症候群”の原因の多くは、スマートフォンにあると断言する。

「体重や体形に変化がないのにもかかわらず、首だけが太く短く、まるで埋もれたようになってしまう理由のほとんどはスマホの使いすぎにあります。画面のサイズが小さなスマホは、どんなふうに持っても目から30cm以上の距離を保つのは難しい。小さなスマホをのぞき込むようにして使っていれば、次第に頭が前に落ち、猫背になりやすく背中は丸まっていきます。私はこれをスマホ漬けで起こる『スマホ首病』と呼んでいます」

 首への負担が生むのは外見の問題だけではない。体に異常を来すケースも少なくない。多くの人が悩む代表的な症状は、首から肩にかけての痛みだ。さらには自律神経の乱れが生じることもある。

 そんな「スマホ首病」はどうしたら予防・改善できるのか。竹谷内医院院長で整形外科医の竹谷内康修さんは、「真っ先に取り組むべきなのは、首に負担をかけない姿勢をマスターすること」だと語る。

「無理をせず、持続可能ないい姿勢をキープすることが首を守ることにつながります。まずは背骨のS字カーブを保った状態が、正しい姿勢だと覚えてください。立つときは猫背にならず、背筋を伸ばすように意識します。理想は、横から見ると『耳、肩、腰、股関節、ひざ、外くるぶし』が一直線上にそろうイメージです。

 左右の乳首の中間の背中側、肩甲骨の下あたりに『背中のボタン』があり、後ろから押されているとイメージするときれいな姿勢を作りやすいのです」(竹谷内さん・以下同)

 いすに座るときも背骨の“S字カーブ”を意識しよう。気をつけるべきは、無理に背筋を伸ばそうとしないこと。

「背もたれを使わずに背筋をピンと伸ばして座っても長続きしません。そればかりかかえって体に負担がかかり、首の筋肉を緊張させることにもなりかねない。いすに深く腰かけてしっかりと背もたれに寄りかかり、力を抜いて楽な姿勢をキープしてください」

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン