スポーツ

YouTuber棋士・都成竜馬七段「“ちょっと興味が出てきた人”に魅力伝えたい」

都成

YouTuberとしても活躍する都成竜馬七段

 昨今YouTuberが人気だが、将棋界からもYouTubeで活躍する棋士が登場している。都成竜馬七段(となり・りゅうま、32才)は、YouTube公式チャンネル「都成竜馬とゆく」を開設して、将棋の魅力を発信中だ。都成七段に話を聞いた。

「将棋好きの父や兄の姿を幼い頃から目にしているうちに、自分も将棋に興味を持ちプロを目指したいと思うようになりました。将棋の世界は独特で、プロになるためにはまず奨励会という養成機関に所属しないといけないのですが、奨励会にはプロの推薦がないと入れない。そこで谷川浩司先生に手紙を書いて弟子入りし、小学5年生で関西奨励会に入会しました。

 小中学生の頃は奨励会も遊びの延長のような感覚でしたが、高校生になり大阪に出てきてからは意識も変わり、本気で取り組むように。そこから割と順調に三段に昇段したので、このままいけばそのうちプロになれると思っていました。しかし現実はそう上手くいかず…。23〜24才の頃は後輩にもどんどん先を越され、暗黒期でした。

 結局、年齢制限ギリギリの26才でプロになることができました。“プロになれなくても仕方ない”と腹をくくって、淡々と対局に集中したのがよかったのかもしれません。

 いまは藤井聡太さんのご活躍もあり、将棋に興味を持つかたが増えていてとてもうれしいです。将棋は知れば知るほど奥が深いゲームなのですが、最初からいきなりそこに興味を持つのは難しい。“ちょっと興味が出てきた”というかたに魅力を伝えていくのが、我々の役目だと思っています」

Q.休日の過ごし方は?

「妻と近所を散歩したりしています。結婚前はけっこうめちゃくちゃな生活で、自炊もせず朝まで飲む……みたいなことも多かったのですが(笑い)最近はゆっくり健康的に生活できています」

【プロフィール】
都成竜馬(となり・りゅうま)/棋士番号304。1990年1月17日生まれ、宮崎県出身。2000年9月に奨励会に入会し、2016年4月にプロ四段となる。

撮影/恵原祐二

※女性セブン2022年3月24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン