ライフ

車で走行中に大地震が発生したら…落ち着いて一時停止、車外に出るのは危険

(写真/時事通信社)

地震発生時のリスクを避けるには?(写真/時事通信社)

 いつ発生するかわからないのが大地震というもの。たとえば、車で走行中に被災する可能性もある。そういった場合は、焦るかもしれないがまずは落ち着こう。危険なのは、すぐに車外へ出ること。車にひかれたり、落下物などでけがをするリスクがあるからだ。日本自動車連盟交通安全インストラクター・内海大輔さんは、こう話す。

「高速道路や一般道路、トンネル内や橋の上でも、とにかくハザードランプをつけてゆっくり速度を落とし、道路の左に車を止め、揺れが収まるのを待ちます。その間、ラジオなどでニュース、道路交通情報をチェック。この情報収集が次の行動の判断基準になります」

 揺れが収まったら、状況を見ながら行動しよう。歩道などを通って徒歩で道路外へ避難する場合は、車を置いていく。ただし、津波や土砂災害の警報が出ていて、車で避難できるようなら、それも手段の1つと覚えておきたい。

「車を置いて避難する場合、窓を閉め、エンジンを切ります。そして鍵をドリンクホルダーなど、すぐわかる場所に置き、扉のロックはかけないようにします。可能なら、連絡先を書いた紙も車内に置いておくと、車を移動させないといけないときなどに連絡してもらえる場合もあります」(内海さん)

トンネルの中や橋の上を走行中に地震発生…

「車の専門家としては、トンネルや橋の出口付近にいたらそこを出た先にあるスペースに停車することをおすすめします。中央付近にいるときは、原則通り道路の左側に停車。その後、車が流れ始めたら通り抜けます。トンネルの出入り口が土砂などで埋まっても、非常電話や非常出口があるので落ち着いて行動を」(内海さん)

ガソリンスタンドで給油中に…

「ガソリンスタンドは、厳しい建築基準をクリアしているため、一般的な建物よりも耐震性や耐火性がすぐれています。火事になっても地下に埋められたガソリンタンクに引火しないよう、厚いコンクリートで覆われています。ですから慌てず、揺れが落ち着くまでスタンド内で車内待機をした方が安全です」(内海さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン