国際情報

ゼレンスキー大統領の妻・オレナ夫人 共に戦うことを決意した“自由の女神”の素顔

大統領を支えるオレナ夫人(共同通信フォト)

大統領を支えるオレナ夫人(共同通信フォト)

 大統領就任時に「プーチンから舐められる」とウクライナ国内でも揶揄されたゼレンスキー氏(44才)が、ロシア軍の侵攻を受けて強力なリーダーシップを発揮している。その「覚醒」を頼もしくサポートするのが、傍らのオレナ夫人だ。自らも戦うことを決意したファーストレディーの素顔と胸の内とは──。

 ウクライナの首都キエフの陥落を狙うロシア軍は、日本時間の3月15日現在、戦力の95%をキエフ周辺に集結させ、首都包囲網を狭めている。

 ウクライナ侵攻が始まって2週間余り。当初はロシアの圧倒的な軍事力により、キエフは数日ともたずに陥落するとの予測も多かったが、ウクライナが善戦。ロシア軍は足踏みし、総力戦でキエフの陥落を狙わざるを得ない状況に陥っている。ウクライナが持ちこたえている要因の1つは、最前線で指揮を執るゼレンスキー大統領の振る舞いにある。

「ロシアによる侵攻開始の翌日(2月25日)、ゼレンスキー大統領が国外に退避するとの情報が流れました。すると彼はキエフの路上に立つ自身を映し、“われわれはここにいる。国を守る”と語りかける動画をSNSにアップしました。それ以降も積極的に国民を勇気づけるメッセージを発信し続け、欧米諸国からの亡命要請にも応じずにキエフに留まっています。大統領が強い愛国心と戦う姿勢を見せていることで国民や兵士の士気はあがり、戦力差のあるロシア軍に応戦できているのです」(国際ジャーナリスト)

 2月26日から27日にかけて実施されたウクライナ国内の世論調査では、「ゼレンスキー大統領を支持する」と回答した人が91%にのぼった。昨年12月の支持率は31%、約3倍に急上昇している。ゼレンスキー氏本人の人間力もさることながら、彼を支える人たちの存在も大きい。

「元コメディアン」という異色の経歴を持つゼレンスキー氏は10代の頃に友人らと「第95街区」というコメディーユニットを結成。名門キエフ国立経済大学に在学しながらテレビ番組に出演した。卒業後はコメディー番組や映画などの制作会社(社名も「第95街区」)を設立。脚本や台本も自ら手掛けるコメディー俳優となった。転機となったのが、2015年に「第95街区」が制作して国営テレビで放送されたドラマ『国民の僕』だ。

「当時のゼレンスキー氏は、汚職にまみれた政治家を風刺する芸風で活動していました。『国民の僕』では芸風を生かして、平凡な高校教師が大統領になり、政界の汚職や不正を正す役を演じました。これがウケてドラマは大ヒット。ゼレンスキー氏は若者を中心に絶大な人気を獲得しました。すると、彼らから現実の大統領就任を期待する声が出始めたんです」(前出・国際ジャーナリスト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン