国際情報

ゼレンスキー大統領の妻・オレナ夫人 共に戦うことを決意した“自由の女神”の素顔

大統領を支えるオレナ夫人(共同通信フォト)

大統領を支えるオレナ夫人(共同通信フォト)

 大統領就任時に「プーチンから舐められる」とウクライナ国内でも揶揄されたゼレンスキー氏(44才)が、ロシア軍の侵攻を受けて強力なリーダーシップを発揮している。その「覚醒」を頼もしくサポートするのが、傍らのオレナ夫人だ。自らも戦うことを決意したファーストレディーの素顔と胸の内とは──。

 ウクライナの首都キエフの陥落を狙うロシア軍は、日本時間の3月15日現在、戦力の95%をキエフ周辺に集結させ、首都包囲網を狭めている。

 ウクライナ侵攻が始まって2週間余り。当初はロシアの圧倒的な軍事力により、キエフは数日ともたずに陥落するとの予測も多かったが、ウクライナが善戦。ロシア軍は足踏みし、総力戦でキエフの陥落を狙わざるを得ない状況に陥っている。ウクライナが持ちこたえている要因の1つは、最前線で指揮を執るゼレンスキー大統領の振る舞いにある。

「ロシアによる侵攻開始の翌日(2月25日)、ゼレンスキー大統領が国外に退避するとの情報が流れました。すると彼はキエフの路上に立つ自身を映し、“われわれはここにいる。国を守る”と語りかける動画をSNSにアップしました。それ以降も積極的に国民を勇気づけるメッセージを発信し続け、欧米諸国からの亡命要請にも応じずにキエフに留まっています。大統領が強い愛国心と戦う姿勢を見せていることで国民や兵士の士気はあがり、戦力差のあるロシア軍に応戦できているのです」(国際ジャーナリスト)

 2月26日から27日にかけて実施されたウクライナ国内の世論調査では、「ゼレンスキー大統領を支持する」と回答した人が91%にのぼった。昨年12月の支持率は31%、約3倍に急上昇している。ゼレンスキー氏本人の人間力もさることながら、彼を支える人たちの存在も大きい。

「元コメディアン」という異色の経歴を持つゼレンスキー氏は10代の頃に友人らと「第95街区」というコメディーユニットを結成。名門キエフ国立経済大学に在学しながらテレビ番組に出演した。卒業後はコメディー番組や映画などの制作会社(社名も「第95街区」)を設立。脚本や台本も自ら手掛けるコメディー俳優となった。転機となったのが、2015年に「第95街区」が制作して国営テレビで放送されたドラマ『国民の僕』だ。

「当時のゼレンスキー氏は、汚職にまみれた政治家を風刺する芸風で活動していました。『国民の僕』では芸風を生かして、平凡な高校教師が大統領になり、政界の汚職や不正を正す役を演じました。これがウケてドラマは大ヒット。ゼレンスキー氏は若者を中心に絶大な人気を獲得しました。すると、彼らから現実の大統領就任を期待する声が出始めたんです」(前出・国際ジャーナリスト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン