ライフ

卒業ソングの変遷 「自分探しの80年代」から「背中を押す90年代」へ

卒業ソングの始まりの曲

舟木一夫のデビュー・シングル。卒業までの残り少ない日々を歌った

 卒業式を思うとき、そこには必ず音楽があった。卒業式で斉唱した歌、J-POPや合唱曲……どれも流れてくると、なぜだかじーんとする名曲ぞろい。時代とともに移り変わる卒業ソングを振り返る。

「卒業ソングには、もともと2つの系統がありました。1つが、明治の頃から歌い継がれてきた『仰げば尊し』や『蛍の光』などの式典の中で歌う曲。もう1つは卒業シーズンに流れる卒業をテーマとしたヒット曲で、さまざまな歌が登場しています」

 そう話すのは、音楽評論家で尚美学園大学副学長の富澤一誠さん(70才)。

「前者の“式典で歌う曲”の代表格である『蛍の光』は、1881年に歌詞がつけられた。また、『仰げば尊し』は1884年に作られ、小学唱歌集に収録されています。戦後、映画『二十四の瞳』(高峰秀子主演/1954年公開)の劇中で流れ、人々の記憶に強い印象を残したのです」(富澤さん・以下同)

 一方、後者の“ヒット曲”の方は、世相や時流とともにさまざまな変遷を見せる。

「なかでも卒業ソングとして最初に浸透したのが、海援隊の『贈る言葉』でしょう。ドラマ『3年B組金八先生』の主題歌としてお茶の間に登場して以降、それ以前の曲も“卒業ソング”として脚光を浴びることが多くなりました」

 もともと、喜びを爆発させる歓喜一色の欧米の卒業式と違い、日本の卒業式は別れと旅立ちの感情が複雑に交錯し、晴れの舞台の特別な記念日なのに寂しさや悲しみを引きずり、涙する人も多い。

「だからこそ、卒業ソングは日本人の美学に合うのです。昔は市販のポップスと学校で歌う歌が明確に分かれていましたが、ポップスシーンのヒット曲が教科書に載るようになると、次第に両者の距離は近づいていきました」

『高校三年生』から始まった

 戦後ポップスに、卒業をテーマとした歌が登場したのは1960年代からだ。

「1963年に発売された舟木一夫の『高校三年生』が、やはり卒業ソングの最初でしょう。当時、ぼくはまだ小学生で、サビの部分を『小学六年生〜』と替え歌にしてよく歌っていました(笑い)。ペギー葉山の『学生時代』はちょっと大人の世界を感じさせましたね」

 その歌詞は、当時の小中学生の胸にも響いたのだ。

「1970年代になると、かぐや姫やイルカが歌った『なごり雪』や、荒井由実が作ってバンバンが歌った『「いちご白書」をもう一度』などが登場します。こうした曲の背景には、1970年安保の学生運動の名残りと敗北感があり、ぼくら世代にはリアルタイムでした。『なごり雪』を作った伊勢正三とは同い年なんです。」

ハイ・ファイ・セットのデビュー・シングル。作詞・作曲は荒井由実

ハイ・ファイ・セットのデビュー・シングル。作詞・作曲は荒井由実

『3年B組金八先生』の主題歌としてヒットし、ミリオンセラーに

『3年B組金八先生』の主題歌としてヒットし、ミリオンセラーに

関連キーワード

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン