ライフ

卒業ソングの変遷 「自分探しの80年代」から「背中を押す90年代」へ

卒業ソングの始まりの曲

舟木一夫のデビュー・シングル。卒業までの残り少ない日々を歌った

 卒業式を思うとき、そこには必ず音楽があった。卒業式で斉唱した歌、J-POPや合唱曲……どれも流れてくると、なぜだかじーんとする名曲ぞろい。時代とともに移り変わる卒業ソングを振り返る。

「卒業ソングには、もともと2つの系統がありました。1つが、明治の頃から歌い継がれてきた『仰げば尊し』や『蛍の光』などの式典の中で歌う曲。もう1つは卒業シーズンに流れる卒業をテーマとしたヒット曲で、さまざまな歌が登場しています」

 そう話すのは、音楽評論家で尚美学園大学副学長の富澤一誠さん(70才)。

「前者の“式典で歌う曲”の代表格である『蛍の光』は、1881年に歌詞がつけられた。また、『仰げば尊し』は1884年に作られ、小学唱歌集に収録されています。戦後、映画『二十四の瞳』(高峰秀子主演/1954年公開)の劇中で流れ、人々の記憶に強い印象を残したのです」(富澤さん・以下同)

 一方、後者の“ヒット曲”の方は、世相や時流とともにさまざまな変遷を見せる。

「なかでも卒業ソングとして最初に浸透したのが、海援隊の『贈る言葉』でしょう。ドラマ『3年B組金八先生』の主題歌としてお茶の間に登場して以降、それ以前の曲も“卒業ソング”として脚光を浴びることが多くなりました」

 もともと、喜びを爆発させる歓喜一色の欧米の卒業式と違い、日本の卒業式は別れと旅立ちの感情が複雑に交錯し、晴れの舞台の特別な記念日なのに寂しさや悲しみを引きずり、涙する人も多い。

「だからこそ、卒業ソングは日本人の美学に合うのです。昔は市販のポップスと学校で歌う歌が明確に分かれていましたが、ポップスシーンのヒット曲が教科書に載るようになると、次第に両者の距離は近づいていきました」

『高校三年生』から始まった

 戦後ポップスに、卒業をテーマとした歌が登場したのは1960年代からだ。

「1963年に発売された舟木一夫の『高校三年生』が、やはり卒業ソングの最初でしょう。当時、ぼくはまだ小学生で、サビの部分を『小学六年生〜』と替え歌にしてよく歌っていました(笑い)。ペギー葉山の『学生時代』はちょっと大人の世界を感じさせましたね」

 その歌詞は、当時の小中学生の胸にも響いたのだ。

「1970年代になると、かぐや姫やイルカが歌った『なごり雪』や、荒井由実が作ってバンバンが歌った『「いちご白書」をもう一度』などが登場します。こうした曲の背景には、1970年安保の学生運動の名残りと敗北感があり、ぼくら世代にはリアルタイムでした。『なごり雪』を作った伊勢正三とは同い年なんです。」

ハイ・ファイ・セットのデビュー・シングル。作詞・作曲は荒井由実

ハイ・ファイ・セットのデビュー・シングル。作詞・作曲は荒井由実

『3年B組金八先生』の主題歌としてヒットし、ミリオンセラーに

『3年B組金八先生』の主題歌としてヒットし、ミリオンセラーに

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン