ライフ

卒業ソングの変遷 「自分探しの80年代」から「背中を押す90年代」へ

卒業ソングの始まりの曲

舟木一夫のデビュー・シングル。卒業までの残り少ない日々を歌った

 卒業式を思うとき、そこには必ず音楽があった。卒業式で斉唱した歌、J-POPや合唱曲……どれも流れてくると、なぜだかじーんとする名曲ぞろい。時代とともに移り変わる卒業ソングを振り返る。

「卒業ソングには、もともと2つの系統がありました。1つが、明治の頃から歌い継がれてきた『仰げば尊し』や『蛍の光』などの式典の中で歌う曲。もう1つは卒業シーズンに流れる卒業をテーマとしたヒット曲で、さまざまな歌が登場しています」

 そう話すのは、音楽評論家で尚美学園大学副学長の富澤一誠さん(70才)。

「前者の“式典で歌う曲”の代表格である『蛍の光』は、1881年に歌詞がつけられた。また、『仰げば尊し』は1884年に作られ、小学唱歌集に収録されています。戦後、映画『二十四の瞳』(高峰秀子主演/1954年公開)の劇中で流れ、人々の記憶に強い印象を残したのです」(富澤さん・以下同)

 一方、後者の“ヒット曲”の方は、世相や時流とともにさまざまな変遷を見せる。

「なかでも卒業ソングとして最初に浸透したのが、海援隊の『贈る言葉』でしょう。ドラマ『3年B組金八先生』の主題歌としてお茶の間に登場して以降、それ以前の曲も“卒業ソング”として脚光を浴びることが多くなりました」

 もともと、喜びを爆発させる歓喜一色の欧米の卒業式と違い、日本の卒業式は別れと旅立ちの感情が複雑に交錯し、晴れの舞台の特別な記念日なのに寂しさや悲しみを引きずり、涙する人も多い。

「だからこそ、卒業ソングは日本人の美学に合うのです。昔は市販のポップスと学校で歌う歌が明確に分かれていましたが、ポップスシーンのヒット曲が教科書に載るようになると、次第に両者の距離は近づいていきました」

『高校三年生』から始まった

 戦後ポップスに、卒業をテーマとした歌が登場したのは1960年代からだ。

「1963年に発売された舟木一夫の『高校三年生』が、やはり卒業ソングの最初でしょう。当時、ぼくはまだ小学生で、サビの部分を『小学六年生〜』と替え歌にしてよく歌っていました(笑い)。ペギー葉山の『学生時代』はちょっと大人の世界を感じさせましたね」

 その歌詞は、当時の小中学生の胸にも響いたのだ。

「1970年代になると、かぐや姫やイルカが歌った『なごり雪』や、荒井由実が作ってバンバンが歌った『「いちご白書」をもう一度』などが登場します。こうした曲の背景には、1970年安保の学生運動の名残りと敗北感があり、ぼくら世代にはリアルタイムでした。『なごり雪』を作った伊勢正三とは同い年なんです。」

ハイ・ファイ・セットのデビュー・シングル。作詞・作曲は荒井由実

ハイ・ファイ・セットのデビュー・シングル。作詞・作曲は荒井由実

『3年B組金八先生』の主題歌としてヒットし、ミリオンセラーに

『3年B組金八先生』の主題歌としてヒットし、ミリオンセラーに

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト