作詞・作曲は中島みゆき。卒業式でのボタンの風習を定着させたといわれる

作詞・作曲は中島みゆき。卒業式でのボタンの風習を定着させたといわれる

合唱曲に取り入れられ、卒業式で歌われる

 1980年代に入ると、いまも卒業式で歌い継がれる、卒業ソングの名曲が続々生まれた。

 柏原芳恵『春なのに』や斉藤由貴『卒業』には、第2ボタンにまつわる歌詞があり、松田聖子『制服』は松本隆が詞を書き下ろした。

「尾崎豊の『卒業』は、校内暴力を彷彿させる描写とともに、真摯な自分探しの歌詞が若者を心酔させました」

 1990年代になると、ドラマ『白線流し』の主題歌となったスピッツの『空も飛べるはず』や、Kiroroの『未来へ』などが登場する。平成の卒業ソングの定番となった『旅立ちの日に…』を歌った川嶋あいはこう振り返る。

「この『未来へ』は15才で上京した際の思い出の曲。ずっと歌手になることを応援し、女手一つで育ててくれた母に背中を押され、東京に向かう電車の中、ヘッドホンで聴いていました。夢への最初の一歩を、一緒に踏み出せた特別な曲です」

 2000年代には、森山直太朗の『さくら(独唱)』、いきものがかり『YELL』など、未来の自分へエールを送り、自らを鼓舞する曲が人気を博していく。

 こうした卒業ソングは、随時、合唱にも取り入れられ、今年も卒業式で披露されている。

取材・文/北武司

※女性セブン2022年3月31日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン