国際情報

誰がプーチンを追い詰めるのか「米国による暗殺は困難、政権転覆は可能性あり」

ロシア国内でも反プーチンの声はあるものの…(写真/共同通信社)

ロシア国内でも反プーチンの声はあるものの…(写真/共同通信社)

 反体制派やジャーナリストなど、自らの行く手を阻む者の命を次々と奪ってきたとされるロシアのプーチン大統領。冷酷な独裁者が報いを受ける日はくるのか。

 アメリカはこれまで、世界の平和と秩序を乱すテロリストに対しては容赦なく刺客を放ってきた。アルカイダの指導者ウサマ・ビン・ラディンは潜伏先をアメリカ軍の特殊部隊に急襲され射殺。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の最高指導者アブバクル・バグダディも米特殊部隊に追い込まれ、自爆死した。

 核のボタンにすら手をかけようとするプーチン氏も暗殺の標的となる可能性はあるのか。国際政治アナリストの菅原出氏はこう解説する。

「アメリカなどの特殊部隊がロシアに侵入してプーチンの命を奪うのは、まず不可能です。バグダディの潜伏していたシリアなどはアメリカ軍が事実上の制空権を持っており、かなり自由にヘリを飛ばしたりして軍事活動ができたのですがロシアではそんなことはできない。軍が他国に入るのは主権侵害に当たるため、戦争行為と見なされる。そうなるとより大きな戦争に発展し、第三次世界大戦が始まってしまってもおかしくない」

 では、ロシア国内の人間が暗殺に動く可能性は考えられないのか。軍事アナリストの小川和久氏はこう話す。

「クレムリン内に西側諸国と通じた人間が埋め込まれているのは間違いないでしょう。何かしらの工作をしてロシア人の手で暗殺させるというのも選択肢としてはあり得る」

 ただし、そうした工作を仕掛けるリスクはあまりに大きいという。

「プーチンは2020年、サイバー攻撃や生物化学兵器など、ロシアの命運を左右するような攻撃があったら核攻撃をする準備があると明言している。プーチンが暗殺されたり、失敗して未遂に終わるようなことがあれば、それこそ国家の存亡に関わることになるため、ロシアが核攻撃に踏み切る可能性はあります」(小川氏)

 そうしたリスクを考えると、まだ期待できるのはロシア国内での政権転覆のシナリオだという。

「軍や治安部隊の一部などが『このままプーチンにロシアを委ねるわけにはいかない』と声を上げ、プーチンを拘束するといったクーデターを起こす。そういったかたちで権力者が引きずり下ろされた例は過去にも多くあります」(小川氏)

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン